上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20130603QP
一昨日に愛車のウィンカーが点灯しなくなりましたので、翌朝ヒューズのチェックをしました。
ウィンカーのヒューズは切れていないので接続部をブラシで擦り、再び差し込んでみました。
そうしたら何事もなかったように点灯しました。

大事に至らなくて良かったです。
スポンサーサイト
2013.06.01 曲がれない
ウィンカー
暫くクルマを動かしていなかったのでチョイ乗りしようとしたらウィンカーが全く点灯しないのです。
ハザードは点灯するのですがねー。

夜だったのでヒューズのチェックは出来ませんでした。
明日、朝一番で調べてみます。

ここ一年でチョコチョコ不具合が出てくるようになりました。
そろそろ本格的に手入れをしなければならない時期なのでしょうか。

EFBD871[1] QPⅣサイド
意外と似ているかもしれません。
ただちょっとホイルベースは長いですかね。

是非実物を見てみたいです。

昨日はクアトロポルテのオイル交換で都内へ。
毎回オイル交換時は中目黒界隈で昼食をするのが密かな楽しみなのです。
今回はお気に入りのビストロKをチョイスしました。
ここの生パスタはコストパフォーマンスが最高であります。
ウニのクリームソース
今回は定番であるウニのクリームソースを選びました。
ウニとクリームソースの濃厚コンビに負けないモチモチ麺。美味しくない訳はありません。
ランチメニューでありながらウニはそこそこ入っています。
ここは魚介系が充実しているので白ワインを片手に夜も使えます。

ビストロ K (bistro K)
東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F




そう言えば今回オイル交換をしたお店でクアトロポルテを購入してから、今月でちょうど6年が経ちます。
故障と言えば昨年夏にオルタネーターのコイルを巻き直したくらいで、他にはほとんどありません。
後ろの席のパワーウィンドウは壊れて作動不能のままですが。
信じて貰えないかもしれませんが、今まで乗った外車では一番優秀なラニングコストです。

ちょっと浮気をしたくなることはありますが、家を建てていることもあり、暫くは乗り続けることになるでしょう。
妖艶なQPⅣ内装
少々年老いましたが、夜の姿はまだ妖艶です。

2013.04.11 新型ギブリ
ギブリ2013フロント ギブリ2013リア
噂のマセラティ・ギブリが発表されました。
予想通り小型クワトロポルテといった外観でありますが、低いフロント構えは更にスポーティー度合を増しています。
クアトロポルテⅣオーナーにとって、現行クアトロポルテよりもこちらのの方が受け入れられるサイズではないでしょうか。
エンジンも3.0LのV6ツインターボとQPⅣに近いサイズであります。ただし現行クワトロポルテと同様にエンジンがカバー化されているでしょうからボンネットを開けてワクワクするような演出は期待できないでしょうね。

ギブリ2013インパネ
あと、このインパネはないでしょうに。
特にナビのモニターやエアコン吹き出し口の周辺はアルファードやクラウンみたいでマセラティらしさが感じられません。
この辺りは新型クアトロポルテの方が一枚も二枚も上手です。クラスが違うから仕方ありませんが。
一応お約束のアナログ時計が付いているのが、せめてもの救いです。

また「ギブリ」という名前を使用するのも疑問です。セダンに「ギブリ」はピンときません。
やはり「ギブリ」という名前は2ドアクーペに使用して欲しいですねー。

新車だと1,000万円くらいするのでしょうから、私には中古車しか狙えませんが、最近では珍しいチョット気になるクルマです。
最近、愛車がエンジンブローをして廃車になった夢を見ました。
そこで、ふと買い換えるとしたら何にするか考えてしまった私・・・・・・・・・・・・・マセの3200GT、アルファの現行型スパイダー、911?? ここ3台の愛車はセダンなので、きっとクーペで退屈な日々から脱したいのでしょう。

でもやはり自分にはQPⅣかなぁ。しかも今度はV8!! 
もはや病気である。
QPとラリック

ブーメランテールも捨て難いが・・・・・・・・・。

残り少ない西湘ライフ。 先週は少し気になるイタリアンにQPで訪問。
南足柄イタリアン

地元では生パスタが美味しいと話題のお店なのだ。

スパイシー 生パスタ

注文したのは、クリームソースのタリアテッレ。 粗挽きの胡椒がアクセントである。
さすがに生パスタだけあって食感はモチモチであったが、手打ちでないことと、少々火を通し過ぎの感があり、肝心の麺は少々柔らかい。 麺に絡むクリームソースも決して味は悪くはないが、値段の割には至って普通で物足りない。
ハッキリ言わせてもらえば、料理の上手い主婦が作ったパスタレベルなのだ。
西湘地域では生パスタが珍しいので、評判なのだろうが、個人的には再訪はないです。

あとこのお店は奥さんが料理を作って、旦那さんがサービスを担当しているが、旦那さんの接客ぶりがぎこちない。
高倉健ばりの不器用さはイタリアンに必要ありませんね。

久しぶりの記事でしたが、辛口でスミマセン。


2011.05.08 野ざらし
黄砂QP
GW中に放置していたら、QPはこんな姿に。ブルーナイトの塗装にとって中国からの来客は大天敵である。
早く箱入り娘にしてあげないと、グレてしまいそうです。

ガレージ書1
○秘計画は配偶者との協議が難航して、なかなか前進しません。
暇なので、これを見て勉強します。説得法は載っていないけど・・・・・・・・・。


2011.04.30 【祝】4周年
QP in 山中湖
QPⅣを買って早くも4年が経ちました。当初は周りから壊れまくる、維持出来ないなど言われておりましたが、全く問題なく乗っております。
当たりの個体だったのか?元々丈夫だったのか?は分かりませんが、維持費は前愛車アウディと変りありません。一応マセとは言え、90年代後半のクルマですから、そうは壊れないのでしょうか?
でも、そろそろ色んなところに手を加えていかなければならいでしょうね。すでに交換すべきものは決まっています。

それにしても飽きっぽい僕が4年以上も乗っているのだから、よっぽど気に入っているのでしょう。
2011春の内装
自分にとってクルマはハードではなくソフトなのです。
更に長い付き合いになりそうです。

本日、会社近くを車で走っていたら、見慣れぬ車を発見。 
QP1-①

車で引き返し、よく見てみたら・・・・・
QP1-②
ピエトロ・フルアがデザインした初代クアトロポルテです。しかも初期型のシリーズ1!! その端正な姿は、スズキのサブディーラーを併設している整備工場の中で明らかに浮いています。残念ながらナンバーが付いていないが、状態は悪くはないですね。
まさか南足柄でQP1と対面するとは思いませんでした。果たして、どんな目的で入庫したのでしょうか? なぞである。

仕事帰りのQP
最近ご無沙汰のQPだが、至って元気である。
実はここのところ、通勤にも使っています(否、通勤だけかも!?) さすがにこの暑さでは、会社までウォーキングは無理です。私より夏に頑強なQPは実に頼もしい。
おまけに仕事が終わって、この空間を味わえるのは実に有り難い。外は田んぼと山しかありませんが、そんなことをすっかり忘れさせてくれるこの妖しい空間、一日を無事に終えた自分への御褒美だと思っています。
ソアラ、ランチア、アルファ×2、アウディと3年周期でで車を乗り換えてきましたが、QPは未だに飽きていません。このクルマよりランチアは品、アルファは楽しさ、アウディは安定感が勝っているのに。
こうなったら、最期まで看取るしかないのか? クルマ好きには酷な相棒であります(苦笑)

BFポスター
本日は、全国300万人のビトルボfan待望のビトルボ・フェスタ2010へ行って参りました。
前の晩、なかなか寝付けなかったのはさて置き、目覚ましが鳴るや、すぐ起きたのは小学校の遠足以来。40歳を目の前にこんな経験をするとは思わなかった(笑)

行きの東名では、ビトルボ系のランデブー走行。 
東名 助手席から
あー、スミマセン。 助手席からのショットは、ダッシュボードばかり映って(汗) 今度レクチャーしておきます。
さすがに東名は交通量が多く、キャノンボールが出来ず残念。

日本平ホテル駐車場
会場であります日本平ホテルの駐車場は、当たり前だがビトルボ系ばかり。もうこれだけで感激!! 

でも、本チャンはこのシチュエーション!!!!
フェスタ全貌 
残念ながら富士山は見えなかったが、駿河湾が一望出来る素晴らし過ぎる会場。 先日旅行した神戸六甲の眺望に似ている。
この地を選んでくれた幹事をはじめととしたスタッフの方々には感謝である。 

QP群1 QP郡2
まずは我が同胞QP軍団。こちらには10台集合。前期型からエボまで揃った上、オーナーの方々といろいろ情報交換できたのが有益であり楽しかった。今のクルマが逝ったら、次期愛車もこれかな!?

ギブリ CUP群 ギブリ群
最多参加数のギブリは、様々なバリエーションが集まり、フェスタに華を添えました。 特にCUPのブルーは今日の天気と相まって綺麗でしたね。
あと個人的には、本国仕様のブルーマーレの個体が印象的でした。
ギブリ(ブルーマーレ)   オープンカップ
こちらのオープンカップは別格。

ギブリ個人タクシースペチアーレ
こちらのギブリは罪作りな仕様。 老人を騙すオレオレ詐欺なマセでした(笑)

シャマル群1  シャマル群2
シャマル軍団は、ビトルボ系の最強のウェポン。いずれも、その状態の良さにオーナーの愛情を感じられます。 特に青森から自走で来たオーナーには、参りました。

ビトルボ群 ビトルボ系初期2
こちらの初期ビトルボ系のオーナーへは頭が下がります。QPⅣだって、部品が欠品になっている最中、未だ維持しているのですから。 しかも私がカーグラフィックを読み始めた頃、登場したクルマ達です。これらのESや425が無ければ、私もマセには縁が無かったかもしれません。

ビトルボE内装
その上今回、初期型のEが参加していたのは、嬉しかったですねー。 ラサールの時計が無くて十分妖しいです。

スパイダー(ザガート)
スパイダーは、現在のオープンカーにないスッキリとしたデザインが特徴的。僕的にはこれで表参道を流したい。

ハリー’S スパイダー
この御仁こそ最もスパイダーが似合う漢である。羨ましいやハリーさん。

3200GT群
ビトルボ系の最新式である3200GTも、いまや10年選手。 やはりウジアーロが手掛けたオリジナルデザインがカッコよい。

気が付けば、自分のクルマのショットが少ない。
myクアトロポルテ 日本平1
これは地面を舐めて・・・・否、地面にはいつくばって撮影しました。努力の割には報われない一枚。

myクワトロポルテ 日本平2
この頃は、残念ながら雲空。 それでも日常にはあり得ないシチュエーションに大満足でした。  

これだけの規模のイベントに参加したのは初めてでしたが、私のような小心者でも思う存分楽しめたのは、スタッフの皆様および参加された皆様のお陰だと思っています。 ホント有り難うございました。 こんな環境でクルマ趣味を送っていたら、ますます他車への浮気出来ませんね。
そう考えると、次に買い換えるとしたら、QPⅣのV8が最有力。オフレコですが(笑)

真鶴にて 
Myクアトロポルテの状況を書くのは久しぶりですが、相変わらず致命的な故障はありません。いろいろ気になる所はあるのですが、その辺はゆっくりと直す予定です。
それでも先週、あるアクシデントがありました。
フォグランプ割れる
フォグランプがこんな目に・・・・・・いつ割れたか全く気付きませんでした。 高速道路などでハネ石にでも当たったのでしょうか!? 
こんな姿では16日に控えているビトルボフェスタに行けないので、ただちに部品の手配をしました。 
そして・・・・・・・
修理後
本日、無事に修理完了。ヤレヤレでした。

あと先々月にはタイヤを新品に交換。 
NEWタイヤ
スポーツ性と快適性のバランスをとって、ミシュランのパイロットスポーツ3(PS3)にしました。ミシュランはアタリが軟らかく、長持ちするので、ここ最近はミシュランばかり選んでいます。前のパイロット・プレマシーもミシュランですが、それとと比較しても快適性を犠牲にせず、よりスポーティーになった印象です。まぁ古いタイヤと比べるのも野暮ですがね。劇的に乗り味が変わりましたので、それならもっと早めに変えておけば良かった。 

これで明日は爆走出来そうです。


ヤングジャンプ
最近、数年振りにヤンジャン(ヤングジャンプ)を買うようになった。 
サラリーマン金太郎は復活したし、TOUGHは未だ楽しめる。おまけにAKB48がグラビアに登場・・・・・・・・・否、これは興味ない(苦笑)
実は、わたくし隠れマンガっ子だったのですよ。公表したくなかったが。

でも・・・

QP正面ドアップ
こんなマンガがあったら、隠していられないよ。 クアトロポルテⅣのタクシーが出てくるのだから。

QPナイスコーナー
わぁー、カッコイイなぁ! エボルツォーネの個人タクシー。

QP&シャマル解説
QPの解説もバッチリ。 おまけにガンディーニ繋がりでシャマルの解説もあります。 これって本当にヤンジャンかい?

カウンタック&QP
ガンディーニのデザイン特徴まで詳しく説明している。しかもカウンタックが比較対象なのですよ。
それもそのはず、この連載マンガは「カウンタック」という作品なのです。
このマンガは前から知っていましたが、まさか我がQPⅣが登場してくるとは思いませんでした。だいたいヤングなジャンプにカウンタックがテーマのマンガが連載されることが奇跡である。ましてQPⅣの登場なんて・・・・オリンピックが小田原で開催されるのに等しい。

これでクアトロポルテに憧れるヤングが出現し、ブームが生まれるか??(笑)

 
TIPO マセ
1ヶ月か2ヶ月前のTipoに掲載されていたクアトロポルテの記事である。 クオーツドロミテ(ゴールド)のボディにブルーのレザーが絶妙なバランス。私ならボルドーのレザーにするだろうが。
同じページにはシャマルとギブリの記事も。 このようにビトルボ派生車種がマスメディアに採り上げられるのは、近年稀なだけに嬉しい。

EDGE マセ
同じ月のGOO WORLDでもクアトロポルテの記事が。 ついにブーム到来か!?(苦笑)
しかもアルピナB10の比較なのだ。 ライターの方は、1世代前のドイツ車は・・・・・・・なので、QPを勧めておりました。世間一般から言っても、当然QPでしょう(笑)
秋の夜長に良い暇つぶしが出来ました。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。