上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.28 足場解体
足場解体①
ちょっと前のことですが、やっと足場が解体して我が家の全容が分かるようになりました。
外観は思ったより仕上がりが良かったみたいで、ほぼ満足しております。
またシーサンドコート701は眩しい白色でない分、周りの景色に溶け込んでいます。

道路側のファザードで重要なポイントである水平連続窓も中々イイ感じで仕上がっていると思います。

足場解体②
竣工間際で内装も急ピッチで進んでいます。
詳細は後日ということで。
スポンサーサイト
出張&土曜勤務の連続でブログ更新が滞っています。
今週も栃木・新潟・茨城と連戦です。
こんなサラリーマン生活は望んでいなかったのですが、仕方ありませんね。
来週になれば少しは落ち着くので、暫しの我慢です。

そんなことで話題と言えば自宅の建築しかありません。
暫く放置していましたら、随分進展していました。
外観木パネル20130512 外観木目パネル20130512②
我が家の外観でハイライトである木目パネルも装着されていました。
通常なら木目風なモノを使用しますが、我が家リアルウッドをチョイスしました。
本物の木は経年劣化が激しいので、敬遠したいところですが、南側部分は拘りを持ちたいということでこちらを採用しました。
細かいリブ状の溝が特徴となっています。
経年劣化も味(テイスト)ですから・・・・・・・・・こんな漢になることを目指しています。

アイアン階段20130512
更にスケルトン階段も施工されていました。
1階ロビーは白を基調としているので、階段を浮き出させる為に敢えて黒い階段にしましたが、果たしてマッチしているのでしょうか?

アドヴァンのタイル20130512
またガレージ内部には玄関周りに貼るタイルがすでに納品されていました。
どのような風合いのタイルだか楽しみです。



着工107日目 外観
漸く外観で進展がありました。


着工107日目 モルタル
モルタル工事が終わっていました。
地味なグレーで今一つな印象ですが、なかなかの質感です。
この上から白のシーサンドコートを吹き付けます。
うちは通称701という貝殻が多いモノを選択しました。第一候補の601はLS30(30年保証)の対象ではないので諦めました。

本日のメインはこちらです。
トーヨーキッチンCORE 107-1 
我が家の数少ない見せ場であるトーヨーキッチンCOREが組み立てられていました。
残念ながら段ボールで養生されている為、その姿は未だに拝めませんが、なかなかの存在感です。
というよりデカイです。

トーヨーキッチンCORE 107-2
レンジフードの取り付けも終了していました。
但し私がコンロ前に立つと、頭がフードにぶつかります。
恐らくこれ以上レンジフードを高くしたら煙の捕集率が悪くなるのでしょう。
アイランドキッチンの宿命らしいです。

トーヨーキッチンCORE 107-3
ARWAの水栓も想像以上にデカイですが、カッコイイです(自画自賛)

このキッチンを見ているだけで料理男子になりそうです。
今から「速水もこみち」のようになることを想像しています。
オリーブオイルの使い過ぎには要注意ですが(笑)




2013.05.06 着工100日目
玄関周辺 ラス
着工100日目になり、外観もご覧の通りモルタルの下地となるラス(金網)が付いておりました。
あとはモルタル~シーサンドコート吹付工事を待つだけです。

玄関ロビー 着工100日目
玄関ロビーは階段の設置とタイルを貼るのみとなっております。

床暖パネル 玄関ロビー
床暖房のパネルも全て設置されました。

脱衣所 床
脱衣所のフロアも貼られておりました。
こちらは勿論無垢でも挽板でもないサニタリーフロアというシート材で木目の柄はチークだったような気がします。
ここはタイル調のサニタリーフロアにすれば良かったような気がしますが、全体像を見ないと何とも言えませんね。

軒天 着工100日目
軒天もGW中に施工されていました。
色は木目にするか迷いましたが、結局外壁に合わせて白にしました。

そろそろ木工事が完了しそうです。
仕上げ工事が楽しみです。


2013.04.30 床断熱材
1階ロビー床断熱材
1階玄関ロビーも進展がありました。
ガレージとの高さを考慮してロビーはなるべく低くしたこともあり、床下のスペースがありません。
その為ベタ基礎と床暖パネルの間に断熱用の発砲スチロール??を貼っています。
黒い部分は根太のようです。
職人さん曰くこの素材の断熱効果はかなりあるらしく床暖房を消しても暫くは温かいそうです。

そしてこの断熱材の上には床暖房パネル、その上にタイルを貼ります。
果たしてこの断熱材は丈夫なのでしょうか?
素材が素材だけに重みで歪みそうな気もします。
タイルの目地にヒビが入らなければイイのですが。

2013.04.28 着工91日目
シャッター装着
ガレージのシャッターがいつの間にか取り付けられていました。
しかしながら電気が来ていないので下げることは出来ません。
選ぶときに実物を見なかったので、どんなシャッターなのか確認したかったのですが残念です。

ダイニングからリビングの眺め
リビングはこのようにボードが天井まで貼られておりました。
陽当たりも良好です。
写真中央の壁はテレビを置く箇所です。
この壁には、あるモノを貼ります。果たして何でしょうか??

キッチンから浴室の眺め
こちらはキッチンから洗面所~お風呂にかけた眺めです。
建具は住友林業クレストのFISという高さが天井まであるモノで統一しました。
下がり壁がないので空間から無駄な線を消せます。
しかもクロスが白なので白い建具に統一することにより建具そのものの存在も消せます。
まだクロスは貼られていませんが、想像通りの出来栄えになりそうです。

スモークオークちら見せ
2階のスモークオーク無垢床も貼られていました。
ご覧の通りチラ見せなので何とも言えませんが、スモークオーク独特の濃淡が少ないようです。
やはり色抜け対策で改良されたタイプは最初から濃淡を少なくしているようです。
まぁ色抜けするよりはマシなので良しとしましょう。
2013.04.20 着工84日目
着工84日目外観
最近、作業のスピードが速いです。
あっという間に1階のケヤキ無垢フローリングが貼り終わっていました。
当然平日にに作業したようなので、施工の様子は残念ながら見られませんでした。
しかも本日貼り具合を見ようとしましたが、案の定傷が付かないように丁寧に養生されていたので、全く見れませんでした。
お楽しみは竣工検査まで待つことに。

2階のLDKはまだフローリングは貼られていません。
2階ダイニングキッチン床暖パネル
床暖のパネルはしっかりと施工されていました。
真ん中はアイランドキッチンが設置されるので床暖パネルは貼られていません。

リンナイ浴室暖房機20140420
浴室にもガス温水式暖房乾燥機が装着されていました。
プラズマクラスターが付いているので、白いタイルの浴室でもカビは生え難いですかね。

20130420ベランダ近辺
外壁はいつでもモルタル作業をされてもイイように着々と準備されています。
ここに来て外装関連も作業のピッチは確実に上がっています。
ただ想像通りな外壁になるのか少々心配ですが。

京セラ太陽光20140420
屋根には漸く太陽光発電が装着しました。
京セラヘイバーンは瓦一体型なので、太陽光が設置されている感じがしなく、イイ感じであります。
でも最初の外観写真の通り、道路からは屋根は全く見えません。普通に屋根の上にパネルを乗っけていても目立たなかったようです(苦笑)


20130411外観
昨日の現場状況であります。
外壁にはモルタルの下地材が貼られていました。
バルコニー付近
ブル―シートが貼られている部分には窓がきます。

本日のトピックスはタイトル通り、ユニットバスが入ったことであります。

ユニットバス選びのポイントは、本来ならば在来工法でタイル貼りのお風呂にしたかったのですが、我が家は2階設置なので、水漏れを懸念してユニットバスにしました。
しかしながらタイル貼りは諦められず、住友林業がお薦めのニッコーのUBにしようかと考えました。
ところが見積もりを取ったら偉い金額だったのでこちらも断念して、最終的にはLIXILグランデージにしました。
グランデージはタイル壁を選べ、更にシンプルな混合栓だったことが決め手であります。
ワンタッチ水栓やワンプッシュ水栓は壊れた時の交換が難しいこと、またシンプルな水栓ならば将来的に好みのシャワー水栓に交換できるメリットがございます。

UBの組み立ては、ほぼ完成しておりました。
リクシルUB
ご覧の通りガラス張りにしました。
掃除は大変でしょうが、空間を広く見せることを優先したので、思い切ってガラス扉と前面窓を採用したのです。
いま見た限りではイメージ通りだったので満足しています。

UBタイル貼りデス
中は特注で光沢のある200mmのタイルを貼ってもらいました。
テーマは「ホテルの部屋内にあるバス」でしたので、少しは近いイメージにはなったかと思います。

但し女性目線ですと掃除が大変なお風呂としか見えないでしょうね。
私が選んだバスなので、きっと私が責任を取ることになるでしょう(苦笑)


2013.04.07 着工70日
20130406外観
着工から70日経ちましたが、外観はあまり変わっていません。
但しガラスが全て設置したこともあり、雨風は入ってこなくなったようです。

玄関へ行ってみたら、こんな感じになっていました。
玄関養生
綺麗に養生され、整理整頓された状態でありました。
ハウスメーカーで建てた利点はこういったところなのでしょう。石膏ボードの上にある缶はご愛嬌です。

20130406ガレージ
玄関からガレージの眺めはこんな感じです。ガラスは特注らしく、まだ設置しておりません。
仕事から帰って家に入ったら即愛車が眺められる環境にしました。ここにミニバンが飾られないことを祈っています(苦笑)

2階へ上がって見ましたら、立派な梁がありました。
2階屋根裏
この梁はボードを貼られたら、2度と見ることがないものです。
この部分をスケルトンにしたら、解放感があって素晴らしいのでしょうが、夏場は間違いなく地獄になるので断熱材と石膏ボードで覆うことにしました。

連続水平窓0406
リビングから見える連続水平窓もすべて設置されていました。
我が家は第1種低層住居専用地域なので、LDKに設置しているこの窓からは他の家は見えません。
本来ならば、この窓で空を眺めるはずだったのですが、その間に電線が遮っているのです。
空を絵画のようにとピクチャーウィンドーを設けたつもりだったのですが、残念ながら無理だったようです。
それでも水平連続窓には満足しています。


2013.03.27 屋根作業中
Wキコリン
我が家にもキコリンが2匹住みつきました。漸く住友林業で家を建てている雰囲気が出てきました。
足場解体までのお付き合いです。

現在、外装関係では瓦を載せている最中であります。(足場の一番高いところは流石に怖い)
瓦載せ
えっ!瓦?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、洋瓦なので存在感はありません。個人的にはスレートより洋瓦の方が質感が出るので好みなのです。
また我が家は太陽光を設置する予定なのですが、太陽光パネルのギラギラが好きではないので、瓦一体型の京セラ製太陽光パネルを載せる予定です。

リビング窓位置
こちらは2階リビングの窓です。一面透明なガラスなので外から丸見えになるので、ダラシナイ恰好でゴロゴロは出来ません。敢えて緊張感があるリビングにしました(笑)

水平連続窓を施工中
水平連続窓も一部取り付けが終わっていました。まだ左側が未設置なのですが、我が家の顔となる箇所なので完成後の姿が楽しみです。





2013.03.20 上棟完了
3・20現在の我が家

3.20現在の我が家②

本日、自宅現場へ伺ってみたら、いつの間にか屋根の野地まで完成しておりました。
これで無事に上棟が完了しました。

いざ建ってみると圧迫感があります。狭い土地に建ぺい率ギリギリに建てたので仕方ありませんが、想像以上に庭がありません。北側斜線規制をかわす為に南側に建物を寄せたせいもあるのですが。

ちょうど大工さんがいたので初めて挨拶をしたら、非常に感じの良い方だったので安心して任せられそうです。

それにしても工程が少し完了するごとに現場監督からマメに電話があります。
これは心遣いと言うより、うるさい施主と思われている可能性が無きにしもあらず。
電気コンセント一つとってマニアックなメーカーを指定している施主だから無理もありません(苦笑)

まぁ連絡があることは有難いことですがね。


2013.03.16 上棟!
さすらい邸上棟
昨日、漸く上棟しました。
地鎮祭から1カ月半以上はかかりました。

上棟と言っても写真を見ても分かる通り1階のみで、本当に土台の上に柱を建てただけです。梁すら通っていません。
中途半端な工程で終わっていますが、1日目はこれで終わりとのことらしいです。
それもそのはず、我が家は住友林業のビッグフレーム工法(BF工法)という構造なので一般的な木造軸組工法とは違っているのです。別名木造ラーメン構造とも言い、鉄骨で用いられているラーメン構造の木造バージョンです。その為、通し柱が必要なく自由な間取りが可能とのこと。
そんな謳い文句であったが、意外と自由はなかったのですがね・・・・・・・。

そうした構造の為、柱はご覧の通り極厚なのです。
コラム
コラムと言われるこの柱は耐力壁も兼ねているらしいので、筋交いやパネル等は必要がありません。

何だか「2001年宇宙の旅」に出てくるモノリスみたいです。
果たしてこのコラム(柱)はモノリスのように我が家の進化を促す存在になるのでしょうか?



2013.03.06 基礎完成
QPと基礎
一昨日、久し振りに自宅の現場へ行ったところ、基礎工事が終わったところでした。
地鎮祭が1月26日で、それからすぐに着工したのにも拘わらず、かなり時間が掛かったようです。
同じスミリンでもウチよりも後に着工したのにもう上棟している現場もありますので、現場ごとに工期はかなり違うのでしょう。
基礎完成!!
特にうちの基礎はスラブのレベル(高さ)がバラバラであったのと深基礎の為、面倒だったようです。
恐らく基礎屋さん泣かせだったに違いありません。

しかしながら気になる点が・・・・・・
ガレージ予定地
こちら低い箇所がビルトインガレージ、高い箇所が玄関ロビー(別名セカンドリビング)となっていますが、その高低差は結構あります。わざわざ玄関ロビーを下げたのですがねー。

まぁ高低差のある土地を購入したので仕方ありません。


ご無沙汰しておりました。
ホント久しぶりの更新です。

更新していない間、いろいろありまして・・・・・・・・・・・・配偶者と愛車が替わったりと生活が一変しましたと報告したいところですが、何一つ変わりなく暮らしております。

愛車QPも故障なく7年目を迎えそうです。

そういえば新型クアトロポルテが発表されたこともあり、今月のカーグラフィックではマセラティの特集が組まれましたが、QPⅣに関してはオーナー泣かせの品質との記述がされているのみでした。
まぁ世間一般ではそんな評価なのでしょうね。


あと変わったこと言えば、以前土地を購入したという記事を書きましたが、漸く家が建ちそうです。
あれから2年近く経ちましたが、その間打ち合わせを数十回と重ねてやっとの着工です。やはりハウスメーカーだと制約が多く、理想のマイホームは難しかったです。

地鎮祭でっせ

それでもどんな家になるか完成が楽しみです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。