上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.08 セドリック
日産セドリック。何とも言えぬ高貴な響きである。
と言いますのも、セドリックは私が子供の頃の憧れのクルマでした。その頃は330や430などのアメ車を模したデザインでしたが、金持ちの家にあった豪華なソファのようなシートと小公子から名付けた車名は十分高級車に思えました。

しかしながら大人になるにつれて、興味の対象から外れてきました。
私がヨーロッパ車志向になってきたからです。Y31以降は若干世界基準のクルマ作りを志したようですが、その中途半端さが仇となり、ついにその車名は終焉を迎えることになります。

それでも歴代セドリックには世界でも通用しそうなモデルが存在しました。
セドリック130 130内装
ピニンファリーナがデザインした130型です。
ルーフからトランクにかけてなだらかに下がったデザインは、のちに世へ出るプジョー504と共通点があります。
インテリアはウォールナットを使用した英国調で赤いバケット風のビニールレザーシートが当時のローバーあたりを彷彿させます。
しかしながら日本ではこの英国路線と尻下がりなデザインが受け入れられず、マイナーチェンジとともに尻は上がっていき、更にデコレイティブな装飾が施され、後期型ではフォードやシボレーのようなスタイルになってしまいました。この後期型は西部警察でよく破壊されていましたね。

この初期130型セドリックのトミカが販売されていたので、ついつい買ってしまいました。私はミニカーを集める趣味は全くないのですが、この悲劇の名車がミニカーとなっているのを見て感銘を受けてしまいました。
130カスタムSIX 130リア
リアにかけてのデザインはなかなか上手く再現が出来ています。
一度は実物を手に入れたい国産車の1台ですが、叶いそうもないのでミニカーで我慢しておきます。
スポンサーサイト
以前に お気に入りのファブリックシートの記事を書きましたが、クルマの内装にはまだまだ素敵なモノがあります。

ビトルボS
まずは私をマセラティ好きにさせたビトルボSのレザーシートである。
派手な赤味がっかった茶色のレザーとサイドのベージュとの対比が素晴らし過ぎます。インテリアの世界だと70年代テイストなのですが、ちょっとヤクザな雰囲気であるビトルボには似合っています。

クールなところだと北欧テイストなこちらです。
ボルボ780シート
ボルボ780のシートは同系の濃淡2色を上手に使用しています。エクステリアはベルトーネがデザインしましたが、製造も同社が担当したとのことです。

ルノーサンクターボ
5ターボレッド
少し古いところだとルノー5ターボが秀抜です。当然、内装が普通になったⅡではありません。
原色を使った80年代テイストですが、古さは全く感じさせません。
但し、これに合う服を探すのは大変でしょうが。


フラウ タバコ
最近のクルマで言えばアルファ・ブレラのポルトローナ・フラウ製の皮シートでしょう。特に写真にある色のタバコは絶妙な渋派手具合が私好みであります。今のクルマが逝ってしまったら、次期愛車の一つかもしれません。

Jフェリー
そう言えば日本車にもレパードJフェリーにフラウ製のシートがありましたね。エクステリアは英国車寄りではあるのに何故かシートは有名イタリア家具メーカーという支離滅裂な製品ではあります。
しかしながら、この当時の日産は高級車の内装に関しては頑張っていたと思います。
インフィニティQ45の後期型はエクステリアこそ初期に比べ、グリルで厚化粧したりして志が低くなりましたが、内装はブラウンの皮を使用して他の日本車とは一線を画していたように思えます。
またシーマもタン色の本革を使用して、個人的には好きでした。
シーマ タン色
残念ながらこれらの車種は全て売れず、この反動で凡庸なクルマ作りに戻り、やがてルノー傘下へと堕ちていくのでした。

まだまだ日本車の楽しい製品があります。
デボネア アクアスキュータム
デボネア・アクアスキュータムは何台売れたのでしょうか? バーバリーではないところは、ある意味評価できますが・・・・・きっと断られたに違いない。

アバロン
アバロン・コーチ・エディションはコーチがアウトレットでメジャーになる前の製品でした。
今コーチ・エディションを発売するならば、アクアなんかが最適でしょうね。勿論あの柄が入った布シートですけど。


買える買えないは別にしても、最近発表されているクルマで欲しいモノが少なくなっている。
このクルマを所有すると「こんな生活が待っている」というような刺激を与えるモノがまずない。
いまどきクルマにそんなことを求めるのが間違っていると言えばそれまでだが。

しかしながら、このクルマは少し気になる。
ジャガーFタイプ
ジャガーFタイプである。
ジャガーにしては小ぶりなサイズで、基本丸み帯びたデザイン。一転リアはエッジの効いた処理がされている。
ジャガーF②
私にはドンピシャなクーペ像である。

イタリア好きを自称している私ではあるが、基本的に大英帝国も好き。
さて、万一このクルマを所有したら、どんな生活をするのか??

間違っても日向ぼっこをしながら、紅茶を飲むなんてしないだろう。
私なら髪を染めてタイトなジーンズをはいて初期フリーウッドマック辺りを聴いているでしょう!(あくまでも初期です)
クルマを回春の妙薬に使うのも時代錯誤ではあるが・・・・・・・・。
そう考えると私にはまだイタリアものですかねー。

2013.02.11 ガレージの主
マイホームは6月末には引き渡しをする予定ですが、そこに飾られるであろう愛車第一号は現車クアトロポルテⅣで間違いないと思う。
QPⅣをイメージしてガレージ創りしたのだから当然と言えば当然ですが、購入してから丸6年、そろそろ買い替えても?と思うことが最近あります。
クルマを運転出来るのもあと三十数年だろうから、それまでに出来る限り多くのクルマを所有してみたいと思うのはクルマ好きのサガである。
しかしながら、そうした想い以上に住宅ローンが重くのしかかっているので買い替えは現実的ではありません。
スパイダー カンビオコルサ
QPⅤ2004
願わくば、この辺りを狙いたいが・・・・・・・・・。

デイムラーダブルSIX
これは年齢的にまだ早い。

河童クーペ
これも捨てがたいが・・・・・・・・誰か上物を売ってくれませんか?



2013.02.03 NAVI CARS
NAVI 201304

昨年、隔月で復活しました雑誌NAVI。
正式には「NAVI CARS」というらしいが、いずれの号も「もういちど、クルマと暮らそう」をテーマにしており、新しい読者層を掴むことより、かつての読者層をターゲットにした誌面づくりとなっています。
今更、紙の媒体でクルマなんぞに興味がない若年層に媚びを売っても、結果が見えているので賢明な選択であるかと思う。

内容もドライブコースやカフェの紹介、ガレージのある暮らしなど、クルマそのものよりそれを取り巻く生活や文化を記事にしている。まぁ我々世代がターゲットなので、価値観が古いのはご愛嬌ということで。
また「ENGINE」にあるようなハイブランドを紹介する行燈記事がないのも好ましい。
住宅ローンや教育費で趣味にお金を掛けられない40代に対して非常に好感が持てます。

最新号は「デフレ知らずのカーライフ!」ということでお金が掛からない、否、デフレだからこそ買える中古車を多数紹介しています。まるで雑誌TIPOのように。
特に150万円で買える推薦中古車ということで、渡辺敏史氏がボクスターやアルファ159、メガーヌRS、プジョー407クーペなどチョイスしており、私も他にもっとイイ車があるだろうと、カーセンサーやGOOで検索してしまいました。

そんな中、ライターの一押しクルマとして掲載されていたのがこのクルマ。

NAVI 201303 QP

150万円という値段は仕方ありませんが、ライターのコメントが泣かせるではありませんか。
不覚にも妙に納得してしまった。

閉店前の値引きシールを待つフェラーリ456も悪くはないなぁ。。。。。。。。




2011.10.04 不人気ですが
フェラーリ456
いつの世でも不人気な4シーターFerrariだが、私は大好きである。特に412と上の写真にある456は。
ロングノーズで緩やかなライン、GTカーの理想なプロポーションであるが、Ferrariの一般的なイメージとはかけ離れているのだろうか人気がない。 
その分、中古価格が安いのはこのクルマの恐いところ。 フェラーリ456故障なんて検索すればイロイロ出てきます。特に設計ミスが原因と思われる窓ガラスがしっかりと閉まらないトラブル??は有名である。
しかし中古のQPⅣを買って痛い目に遭っていない自分にとって、行けるかもという過信もあるといえばある。
一度は逝ってみたいクルマであることは間違いなさそうです。

しかし、このクルマが自分自身の生活の中で活躍するイメージが沸きません。これって私にとって非常に重要なことなのである。 ここがクルマ選びの難しいところなのだ。
2011.04.24 嗚呼ランチア
新型ランチア・テーマ登場!
本来ならば、歓迎すべきことであるが、ジュネーブショウで発表されたそれを見た限り、素直に喜べない。
新型テーマ
ベースでありますクライスラー300は悪い車ではないのですが、そのままの形はないでしょう。 テーマだけでなく、他の車種もクライスラーとのバッジエンジニアリング。イプシロンだけは辛うじてオリジナリティが保てたようですが。
同じフィアットグループでも独自性が維持されたアルファロメオとは対照的です。

それでもブランド存続が危ぶまれていましたので、ランチアの名前が残っただけで幸せだと思わなければ罰が当たるかもしれません。何分にクルマが売れていませんからね。

2003年に発表されたフルビア・コンセプトの発売は、もうないでしょう。 非常に残念です。


2010.08.17 獲物の中身
カースタイリング&UCG
日曜日に神保町でGETした古本である。
今年4月に惜しまれながら休刊となったカースタイリング誌は、クアトロポルテⅣがメインとなった94年11月号。
CS誌QP
驚くことに、このガンディーニのデザインは86年に描かれ、90年にデビュー予定だったらしい。その後、発売は延期を重ね4年後になってしまった。仮にソフトシェイプ全盛のバブル時代に、このデザインが発表されたとしたら、センセーショナルだったに違いない。

CS誌F355
この号は、他にもF355が載っている。その躍動感と優美さは、近代フェラーリで最もバランスが取れた1台であると思う。
QPⅣとF355が同じ号で掲載されているとは・・・・・・・90年代のイタリア車は、素晴らしかった。 アルファは156、GTV、スパイダー。フィアットはクーペ、バルケッタ、初代プント。 ランチアはイプシロン。

それに比べ同号に掲載されている国産車と言えば
ターセル カローラⅡ セフィーロⅡ ミラ1994
デザイナーが存在するのか?という代物ばかり。 バブル後の失われた10年を象徴するクルマというべきか。
カースタイリング誌も、いずれのクルマも冒険心が足りないと評している。特にターセル・カローラⅡに関しては、マーケティングの結果ばかり重視した結果、消費者に何の提案していないと辛口なコメント。確かに、このデザインは当時の韓国車にも劣っていると思う。

それから15年経ちましたが、クルマの役割は更に白物家電化しているのにも拘わらず、日本のメーカーはクルマの魅力を伝えようとしません。 むしろ家電化を望んでいるように見えます。 
寂しい限りです。



ルノー25
外見は何の特徴もないルノー25。それでも現役当時は、これがフランスのエスプリであり、このデザインを粋と思うことこそ、最先端な人間であると私は思っていました。 バブルな時代は何でもアリでしたから。

25インパネ
この電子オルガンのようなインパネは、今でも斬新である。実はこちらのインパネは、ガンディーニのデザインなのだ。 当時はそんなことは全く分からなかったが、言われてみれば何となくガンディーニらしさは感じさせます。どうせならば、エクステリアもデザインさせれば良かったのに。

ルノー25スーツケース
極めつけは最上級グレード「バカラ」に装備されているスーツケース。リアのトノカバーにぴったり納まっています。なかなか日本でこれを使いこなすことは難しいですが、異国のものを所有している感はアリアリです。
特にドレスコード付きのこの集いにはピッタシかも。その名も「l'e stomac express」
エンジンはPRVだから運転が楽しい訳ではないが、助手席に素敵なfemmeを乗せて美味しいモノを食べに行けば、絶対幸せであろう。
未だに少し気になるクルマなのだ。


カーグラフィック誌が出版元の二玄社から独立し、新体制で発行されることになった。 独立とは聞こえが良いが、実態は二玄社が自動車雑誌部門から撤退することらしい。
二玄社はそもそも書道などの美術書を出版している会社であり、自動車雑誌は後発事業であった。しかしながら遅れて興したカーグラフィックやNAVIなどの自動車雑誌部門が売り上げの大部分を占めていたのは、間違いない事実だと思う。
それなのになぜ撤退か?
そんなこと聞くまでも、ないだろう。活字離れ、自動車離れ、ネット情報の充実など自動車雑誌にとっては逆風ばかりである。おまけに長期レポート車の購入や取材費など経費がかさむのだろう。
しかも、コアな自動車マニアすら満足させられないのが実情である。どの雑誌も困ったらドイツ車特集。CG誌より創刊が古い某誌なんてドイツの5ブランドを毎月代わる代わる特集しているだけ。BMWやポルシェが良いクルマなのは、誰でも分かっているよ。
とどめはライター陣のクオリティー不足。読んでいてもメーカーの広報みたいなコメントが多過ぎる。メーカーからの広告収入を維持する為とは言え、とてもお金を払って読みたいとは思わない。 自称クルマ好きを公言する私であっても、最近ではほとんど自動車雑誌は買いません。
昔はNAVI、CG、カー&ドライバー誌なんかは、毎回発売日が待ち遠しく、端から端まで読み漁ったのにね。
特にこういった特集を組まれると(笑)
スーパーCG28 スーパーCG QP
スペチアーレなカーグラフィックである。

おまけはこちら。
カーマガジン310
カーマガジン310 中身
こんな雑誌が毎月出版されていたらなぁー。 



くるまにあ
相変わらず、物持ちがいい私。 こんな雑誌を発見しました。 今は亡き雑誌「くるまにあ」。 一時期には所ジョージが執筆したり、中古車情報が充実していたりと、結構好きな雑誌でありました。

早速パラパラめくっていくと
バブルロレックス
バブルを彷彿とさせる広告が。 金無垢やダイヤでキラキラなロレックスが眩しい。 下の方には懐かしのコルムが。当時流行りましたからね。
それにしてもサブマリーナdateが225,000円と驚きの価格。 果たして本物なのでしょうか?

全体的に中古車広告が多いこの雑誌。 相も変わらずベンツの中古や新車並行物ばかりです。時代を考えると仕方ありません。 イタ車はフェラーリがポツリポツリにランチア・デルタが少々といった程度。残念ながらアルファはスパイダーがあるのみです。

肝心要なマセラティはと言うと
ビトルボⅠ ビトルボ2  ヤンキービトルボ
ビトルボが申し訳なさそうに掲載されていました。 この時期のマセは北方謙三先生のご尽力により多少はスポットライトが当たっていたようですが、この雑誌では脇役に甘んじていたようです。 
それにしても一番下のビトルボって、どうなのでしょうか? 時代が時代とは言え、ナイト2000のようなセンスは壮絶ですな。

クアトロポルテⅢ
おっと忘れちゃいけない、こんな大物もしっかりと載っていました。当時はクアトロポルテⅢ(ロイヤル)も立派な現役車でしたからね。 QPフリークとしてみれば、現行型よりも気になるクルマです。 

それにしても、何でこんな本を20年間も保管していたのでしょう?
ペラペラとめくっていくうちに、その疑問が解けました。
投稿コーナー  キャデラック
さすらい野郎も可愛い高校生だったのです。 モデルになった被写体に関してはツッコミなしでお願いします。


2009.01.09 新たなる物欲
数か月後に囚われの身となる私だが、例の如く物欲だけは止まりそうそうもない。 例え軍資金が無くとも。
当然今でも秘かに欲しいモノがあるのだ。 否、秘かではない。声を高々に言ってやりたい。
それは、セ・カ・ン・ド・カー。 
ここ1年で一番の大物である。 恐らく軽自動車やヴィッツなら許してもらえそうなのだが・・・・・・・・・・・・私の性格上、それでは満足いくまい。
あー、欲しいなぁー○○○○や○○○。


lancia-versus-02.jpg

lancia-versus-04.jpg

ランチアとヴェルサーチ系のブランド「VERSUS」がコラボして、上のYpsilonを限定で発売するとのこと。 ちょっと微妙ですが、ヴェルサーチの派手さはしっかりと表現されているので、イタリアらしいと言えばらしいですね。私の好みではありませんが・・・・・・・・・・それでもルーフの模様はアリかなと思う。

ところで何でVERSUSとコラボしたのでしょうか?
出来ればプラダ、フェラガモあたりとコラボして欲しかったです。 やはり今のフィアットグループだと銭の問題で一流どころとは無理なのでしょうね。

2008.06.23 次期愛車?
何だか意味深なタイトルであるが、別に買い替えを予定している訳ではありません。
現愛車QPは大変気に入っていますし、特に気になるクルマもないので、当分浮気をするつもりもありません。私にとってクルマを選ぶ上で、スタイルは最重要な項目であり、そういった意味ではQPは文句なしのデザインだと思う。
ただ欲しいクルマが全くない訳でもなく、ポルシェ911、フェラーリ355・360、マセのグラントゥーリズモあたりは、是非乗ってみたいと思っています。ここのところ4ドアばかり乗っているので、次回は2ドアのクルマが欲しいです。あー、あと最近発表されたフェラーリ カリフォルニアも気になりますね。近年のフェラーリにはない、あの凝縮されたスタイルがとってもカジュアルであり、敷居が低そうなので、好きなのである。
とは言っても、いずれの車種もサラリーマンにとって、おいそれと手が届くモノではありませんが。

そんな中、昔からずっと欲しいと思っている片想いのクルマがあります。その名もデイムラーダブルシックス(初代ジャガーXJ6)
daimler_double_six_aredn_aj4-1_14u9_R00105671.jpg
QPを購入する時も、対抗馬として多少は検討しましたが、現在のライフスタイルから全く似合わないので断念しました。人間としてまだまだ青い私がダブルシックスとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・QPでも不相応なのですがね。
それでも先日、ホワイトスネイク「Here I Go Again 」のプロモーションビデオにダブルシックスorXJ6が登場しているのを見て、素直にカッコイイと思った。ホワイトスネイクとジャガーがマッチしているとは思いませんが、ロックンローラーにとってイギリス高級車は60年代からマストアイテムなのである。
ジョン・レノンやミック・ジャガーが汚い格好をしてロールスに乗っている映像は、今見てもカッコイイ。階級社会を嘲笑うかの如く、挑発的な行為。これこそロックンローラーである。
私もこの歳で彼らのような反逆の旗手になれるとは思いませんが、憧れはあります。いつかはペイズリー柄のシャツにタイトなパンツを穿いてダブルシックスを転がしたいですね。


2008.04.23 新型ティアナ
現行ティアナは、登場してから数年が経ちますが、現在でも気になるセダンである。
モダンリビングを名乗るには素材や配色の煮詰めが甘い部分がありましたが、デザイナーのやる気が感じられる数少ない国産車であることから、ついつい応援したくなるクルマでありました。
そのティアナの新型が北京で発表されました。

03_l.jpg

エクステリアデザインはリアにかけて、なだらかに下がっているキャラクターラインが印象的でありますが、率直に言うと不細工なデザインです。
フロントは印象が薄いのは仕方がないにしても、リアの処理に関しては??です。もっとスッキリ出来なかったのですかねー?
初代も少々クドイ感じがありましたけど、それでも新型に比べればクリーンなデザインでありました。
恐らく新型はアジア向けにボリュームを重視したのでしょう。

05_l.jpg

06_l.jpg

現行型ティアナの最大の売りはインテリアデザインでありましたので、新型にはかなり期待しておりました。
しかし、こちらの写真を見る限り、その志は後退したと言わざるを得ません。
スカイラインとの共用部品を多く使った為、デザイン上に制約が多かったのでしょう。目新しさは全くありません。
決してセンスが悪い訳ではないのですが、期待が大きかっただけに残念でなりません。

せっかくの新車も、こんな結果に終わったのは、日産のお家事情によるものだと思います。
と言うのも、このティアナは日産のラインナップ上、国内のマーケットよりアジア市場で売らなければならない為、冒険より分かり易いデザインにせざるを得なかったのでしょう。
そもそもアジアで売るには、少々田舎臭いデザインでないと売れませんからね。
そんな事情もあり、何とも中途半端なデザインになったと思う。

それにしても最近、日本のメーカーは国内のマーケットを自らニッチであると認識し始めているせいか、ミニバン以外のクルマを外国で発表することが増えています。
デミオ、アテンザ、アコード・・・・・・・・・。
セダンやクーペは日本では売れないのだから仕方ありませんが、何とも寂しいことである。

そう考えると、何だかんだ言って、トヨタ・クラウンって偉大ですね。 そのコンセプトに全くブレがありませんから。 結局はこんな結論に落ち着いてしまうのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。