上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看板 元納屋

今日の午後は、取引先の会合があり浦和へ向かう。
ただ一時間ばかり早く着いたので、前から気になっていた喫茶店に行くことにした。
その名も喫茶ギャラリー「楽風(らふ)」。一応、旧中仙道に面しているが、旗竿地のため、お店は道からよく見えない。その為ずっと謎だった。

お店に入ってみると、納屋を改造して喫茶店に仕立てたようで、剥き出しの梁が年輪を感じさてくれる。なかなか雰囲気はいい。
でも案の定、先客は主婦を中心とした女性ばかりで、男は当然自分一人。わたくし完全浮いている。普通に考えれば平日の昼間にこういったお店へスーツを着た男が行くのも、どうかなぁと思う。ドトールやスタバではあるまいし。でも世間の目なんて気にしてばかりいられません。

何だかんだ言いながら、自分はアイスコーヒーを注文。しかし注文した後に気がついた。このお店のウリは日本茶だと言うことに。店内には茶釜があり、お客さん自身がそこからお湯を急須に注いで楽しんでいる。メニューをよく見てお茶を頼めば良かったなぁ。そういえば、このお店の隣はお茶屋さんなので、きっとそこが経営しているのでしょうね。
それから間もなくしてアイスコーヒーが出てきた。折角なので写真をパチリと撮った瞬間、お店の人とご婦人方の視線が刺さった。これもブロガーとやらの宿命か。前から気になっていたのだが、店内でブログ用の写真を撮る時って、皆さんはどうやっているのでしょうか? 私は恥ずかしくて仕方がないのですが。。。。

あとこのお店、2階がギャラリーとなっていて、定期的に個展を開いているらしい。今日も絵画展が開催されてました。そういえば浦和って「鎌倉文士に浦和画家」と言われたくらい、優れた美術家を輩出した土地である。こういったお店が根付く土壌は充分あるんだなぁと妙に納得してしまった。そう言われれば、お客さんも引っ切り無しに来るし。(相変わらず男性は私一人でしたが)
命がけで撮ったアイスコーヒー ギャラリー

「楽風」
埼玉県さいたま市浦和区岸町4-26-12
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。