上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前からブログで欲しいと公言していたあのクルマ。
今までずっとシークレットにしていたけど、もう明かしちゃいます。
そのクルマとは先代マセラティ・クアトロポルテです。
ビックリしたでしょう?(笑)

それで最近クアトロポルテをいろいろ調べているのですが、なかなか難しいクルマだということが分かってきた。
難しいと言っても、特別故障が多いと言うことではない。(故障は普通にあるようですが)
どの時期のクルマを選ぶべきか難しいということです。
このクアトロポルテは前期・中期・後期に分けられます。
しかしながら、どれも一長一短らしいです。
その特徴を以下のようにまとめてみました。
Ⅰ前期型(94年~96年)
 内装のウッド・皮は一番質がイイらしい。
 基本的にビトゥルボ系なので、機械の信頼性は怪しい。
Ⅱ中期型(97年)
 ウッドの面積が増え、インパネも近代的となる。
 機械的なモノは前期型と変わらない。
 生産数が少ないのでタマ不足。
Ⅲ後期型(98年~02年)エヴォルツォーネ
 ウッドが艶消しになり、金時計は廃止。
 その他内装でコストダウンされた箇所多数あり。
 フェラーリ傘下になった為、ハード的に信頼性はアップされる。

最初は後期型(エヴォルツォーネ)を狙っていたのですが、見に行った全ての内装のウッドが白く劣化していました。
それだけ内装をコストダウンしていたのでしょう。
クアトロポルテの魅力って、その半分はあの妖しい内装によるものだと思う。
それを考えると後期型は、OUTですね。
そうなると一番魅了的なのは、中期型である。
但し、生産台数が少ないので、当然中古車市場でも探すのが大変。
価格も割高であるし。

となると魅力的に映っていくるのが前期型。
価格も割安であるし、内装は一番金がかかっている(らしい)
問題は信頼性だ。
いろんなところで聞いた話では、クアトロポルテってエンジンやオートマなどは比較的に丈夫らしいです。
ウィークポイントは、ズバリ電気系統。(後期型はその辺りを改良されたらしいです)
特にオルタネイターは弱いそうです。

だったら、最初からバッチリ整備をしてある個体を購入するべきと思い、練馬にあるマセラティ専門店に見に行きました。
そのクアトロポルテは、エアコンのOHをしてある物件で、かなり整備にお金がかかっているようです。
実際、内装外装ともキレイで、機関的にも言うことがないブツです。
またお店の人もマセラティに関しては、かなりの知識を持っているようで、何かあった時でも頼りになりそうです。
しかしながら、この前期型、ちょっと高いのです。
整備内容を考えれば、決して高くないと思いますが、・・・・・・・・アルファGT(V6)の極上中古車が買える価格なのです。
これが中期型だったら、絶対買いなのでしょうがねー。
うーん、悩む。
3036_quattroporte_v6_zoom.jpg QPIVrear.jpg QporteIV_Enrico_dash.jpg
スポンサーサイト
会社から帰ってきたら、植木等が亡くなったのを知りました。
具合が悪いとは知らなかったので、びっくりしています。
もう80歳だったのですね。

自分は当然クレージーキャッツの現役当時を知っている世代ではなく、後追い世代です。
最初に興味を持ち始めたのは、今から17・8年前にテレビで放映された「ニッポン無責任時代」「ニッポン無責任野郎」である。
ストーリーは、何処の馬の骨だか分からない植木等が強引に一流企業に入社し、あれよあれよと出世するというもの。
今見ると当時のサラリーマンを皮肉ったように見えますが、自分としては立身出世を面白おかしく描いた、ただの娯楽作品だと思う。だからこそ気軽に見れて、純粋に楽しめる。
特に2作目の「ニッポン無責任野郎」は植木等の無責任ぶりと監督である古沢憲吾の行き当たりバッタリの演出がパワーアップ。凄いテンポで物語が進んでいきます。
しかも邦画には、いつも辛口の大島渚がこの映画を誉めていました。
また当時の風景や風俗が見られるので、それだけでも楽しいです。まぁこれは60年代東宝映画の全てに当てはまるコトですが。

ちょっと不謹慎かもしれませんが、今週末にでもクレージーキャッツの映画を見てみたくなってきました。

2007.03.25 BATUCADA
最近TVを見ていたら、あのBOSSAの名曲が流れてきた。
そうキリン・ザ・ゴールドのCMで流れてくる「BATUCADA」のことである。
何でこの選曲になったかは良く分かりません・・・・・・・それでもこの曲をCMに使ったキリンには拍手です。
CMのバージョンは、birdが歌っているそうだが、オリジナルはマルコス・ヴァーリの作品である。
収録アルバムは、SAMBA‘68という1967年に録音された初期の傑作アルバムである。
そこで聴けるオリジナル「BATUCADA」は、奥さんであるアナマリアと息の合ったデュエットが見所。
涼しげでありながらグルーヴィーなところは、流石である。(試聴はこちら
このアルバムは他にも「CRICKETS SING FOR ANAMARIA」「SO NICE(サマー・サンバ)」などの名曲が収録されているので、興味がある人は是非!
トッサン坊や

あとこの曲はbird以外にもワルター・ワンダーレイや小野リサ、テイ・トウワなどがカバーしているが、一番スリリングなカバーがPHIL MOORE III AND THE AFRO LATIN SOULTETの作品である。
ヴァーリのオリジナルよりソウルフルでパンチがあります。(試聴はこちら
このアルバム(AFRO BRAZIL OBA)は、まだCD化されていませんが、カフェ・アプリミディの「Nacre 」に収録されていますので、こちらも是非!
PHIL_MOORE_III_AND_THE_AFRO_LATIN_SOULTET.jpg cafeapresmidinacre.jpg

2007.03.23 魚仁
昨日、月島の居酒屋魚仁に行ってまいりました。
17:00の開店と同時に到着。一番乗りでした。
この魚仁は居酒屋マニアの間では、相当有名なお店。
何で有名か?は写真を見て頂けば、分かると思う。
まぐろブツ 鯛カマ ぶり刺身 ホタテ焼きとマグロのねぎ間 マグロとろステーキ
まぐろブツ(500円) 中トロも混じっています。スーパーでパックを買うより安いと思う。
鯛のカブト煮(300円) 何でこれが300円? 
ブリ刺身(500円) 脂が乗っておりました。一切れがデカイです。
マグロねぎ間(300円) 一本がデカ過ぎ。
ホタテ焼き(500円) 焼くのが勿体無いくらい新鮮なホタテ。醤油の香りが食欲をそそる。
マグロとろステーキ(500円) これも焼くのが勿体無いくらい新鮮なマグロ。 脂が滴っておりました。
とにかく新鮮で安い。これに尽きるお店。
3人で2時間30分余り、飲み物を6杯ずつ呑んで、8,000円で済みました。
店内は屋台風で全く洒落ていませんが、そういった雰囲気がまた月島という場所柄、合っています。
今度ここで居酒屋オフ会でもやりませんか?
20070323200724.jpg 20070323200800.jpg

魚仁
東京都中央区月島3-12-5

2007.03.21 春の房総半島
春の陽気に誘われて、千葉へ行ってみました。
房総半島と言っても木更津近辺なので、付け根の部分に行っただけです。
まずは袖ヶ浦海浜公園。
灯台風の展望台から東京湾が一望出来ます。
有料である千葉ポートタワーより眺めはいいかも。
20070321221457.jpg 20070321221555.jpg 20070321221658.jpg

次に行ったのは、花ほたるという菜の花畑。
アクアラインの近くにある為、このような名前になったのだろう。
3月下旬ということもあり、盛りが過ぎた感もあるが、辺り一面、菜の花の香りが溢れ、久しぶりに自然を満喫しました。
えっ!花とさすらい野郎。似合わない?
そんなこと分かっていますが、たまにはこういう所へ行かないと・・・・・・・。
20070321224716.jpg 20070321224754.jpg


2007.03.19 プジョー607
20070319233300.jpg
会社の駐車場で発見。
残念ながら我社の社員のモノではなく、来訪者のモノと思われる。
こうして見ると、決して悪いデザインではないな。
出た当初は、少々クドイと思えたデザインも、最近のトヨタ車に比べれば、充分クリーンに見える。
カッコイイとは思わないが。
それにしても607を愛車にするなんて、相当な好き者が乗っているのだろう。
こういうクルマを見かけると、こちらとしてもヤル気が出てきます。
対抗するならアルファ166、ルノー・アヴァンタイム、ランチア・テシス、マセラティ・クアトロポルテ?
他に何かありますかねー?


2007.03.17 悪女に試乗
と言っても生身の人間ではありません。
例の暴れん坊を試乗しただけです。
で、乗った印象はと言うと予想通り暴れん坊でした。
乗り心地はかなりスパルタンで、アクセルペダルはスポーツカー並みに重い。
それでいてクルマの挙動は、ひょこひょこして落ち着きがない。
ステアリングフィールもシャキッとせず、心もとないです。
正直言うとドイツ車に慣れた身にはツライ。
ただこの外観は、その欠点をかき消す程、惚れている。
このデザインはどう見ても4枚ドア向けのモノではない。
しかも一度アクセルを踏み込めば、ロケットのようにすっ飛んでいく。
ホント凄い加速だった。
こんな女なら騙されてもいいかな。火傷しそうだけど。
これって、自分の恋愛と一緒じゃないか(汗)
20070317233022.jpg

今回は初体験だったので、これが本当の性格かどうかは判断出来ません。
何台か試してみようかな。

今日は代休だったので、あるクルマを見に行きました。
まぁ半分は冷やかしですけど。
但し、お店の奥に展示してあった為に試乗出来ず、今回は眺めただけ。
走行距離は多いけど、なかなか程度は良さそうです。
しかも値段が安い。
どうしようかなぁ? でも故障は多そうだな。
ここまで書いて、買わないとカッコ悪いので、敢えて車名は明かしませんが。
暴れん坊なクルマだと言うことだけは言ってきましょう。
02.jpg
昨日、趣味人として大先輩であるハリソンさんがプロデュースしてくれたイベントにアウディ仲間であるメディチさんと参加しました。
それに先立ち、我々アウディコンビは、土曜日から箱根で山篭りを決行。当日に備えStomachをアルコール消毒しておきました。
程良いウォーミングアップを行った翌日はバチがあたったのか生憎の雨。
我がクワトロ号が遠出をする時は雨の確立高し。
神様が活躍の場を与えてくれているのだろうか?
20070312231702.jpg

そんなことを思いつつ、皆様との待ち合わせ場所である富士川SAに到着。
その頃にはすっかり雨があがり、オフ会日和に。
これもラテン血中度の高い皆様のお陰?
で、そんなFULLブーストな参加メンバーは
幹事ハリソンさん(アルファGT)
メディチさん(アウディTT)
RYUJIさん(アルファ159)
ceramicaさん(アルファ159)
パンパンさん(アルファ155)
こすーぎ さん(アルファ155)
Eijiさん(代打BMW3シリーズ)
そして紅一点amorekun さん(ベンツAMG)
私、さすらい野郎(アウディA4)

の合計9台。ドイツ車が多かったのは意外でした。
しばらくクルマ談議をした後、焼津を目指して出発!
9台の外車が1列に東名を爆走。
ここはアウトバーン?アウトストラーダ?と錯覚するくらいの光景でした。
20070312235008.jpg

大したアクシデントもなく、お目当てである小川港魚河岸食堂に到着。
私自身はすでにオーダーするものは決まっている。
20070312235923.jpg 20070313000033.jpg 20070313000225.jpg

そして頼んだのは、海鮮丼(上)。
結局は桜海老も生しらすもマグロも、全て食べたかったのである。
20070313000523.jpg

胃袋を満たした後は、焼津さかなセンターへ移動。
お土産モノを物色しましたが、独身の私にはハードルが高過ぎる。
そこで、わさびラムネなるインチキ臭い飲み物を購入し、その場で飲んでみた。
うわー、こりゃー炭酸の抜けたラムネだー。
全然わさびの味がしない。
それをわさびと名乗るとは、ある意味スゴイ。 
おとな味と言うフレーズに惹かれたのに・・・・・・・・・。
20070313010516.jpg

で、最後はお茶の里、川根でSL見物&抹茶たい焼き初体験。
20070313011911.jpg 20070313011951.jpg

特にたい焼き屋さんは、ハリソンさんのご尽力により、閉店後?にも拘わらず、食べさせて頂きました。
辛党の私でも美味しく食べられたのは、抹茶パワーかな?
あと、このお店は静岡おでんも食べさせてくれる。
見るからに濃そうな出汁が特徴であるが、決してしょっぱい訳ではありません。
出汁がよく効いており、こちらもアルコールなしで美味しく頂きました。
20070313012143.jpg 20070313012612.jpg 20070313012720.jpg

それにしても静岡はいい所ですねー。
改めて、そう思ったワケです。改めてね。
(ハリソンさん有り難うございました)



永遠のネオモッズバンドであるザ・ジャムが再結成するそうだ。
しかもポール・ウェラー抜きで。
有り得ねー。
クルマで言えば、エンジンとボディがないのと一緒だ。
吉野家の牛丼で言えば、「牛丼並み一丁、肉抜き汁なしで!」と注文しているのと同様。
再結成するリズム隊2人は何を考えているのだろうか?
金儲け以外、考えられない。
それだけに新生ザ・ジャムが来日公演しても、自分は絶対見に行かないし、人も集まらないだろう。
この分ならスタイルカウンシルの方がまだ再結成の可能性がありそうだね。

今一番欲しい時計がIWCインヂュニアです。
高い耐磁性を持ちつつ、衝撃にも強い。それでいて、これ見よがしのデザインでないのが魅力的。
ちょっと地味かもしれませんが。
その分、オンオフ関係なく装着出来そうです。
あとこの時計、ステンレススチール(SS)とチタン(写真右)のモデルがあり、どっちを選ぶか非常に悩みます。
デザイン的にはSSモデルの方が渋く、自分好みです。
しかしながらチタン製の方が当然軽いし、おまけにAMGとのコラボ品。
うーん、現時点で選ぶのは難しいです。
それ以上に難しいのは、値段が高いこと。
完全に予算オーバーである。
無理して買うだけの価値がある時計なのでしょうかね?

img10411899690.jpg  img10411899675.jpg


2007.03.07 半田屋
20070307214026.jpg 20070307214112.jpg
たまに昼ごはんで利用する大衆食堂半田屋
本日久しぶりに行ってまいりました。
この半田屋とはセルフ方式の定食屋で、仙台へ行くとよく看板を見かけます。
HPを見ると、やはり仙台が本拠地のようです。
埼玉県には川越にあります。
ここの特徴はメシの盛りがいいのと、値段の安さです。
因みに上の写真は
ご飯(小)     105円
豚汁        105円
冷奴         63円
さんま蒲焼揚げ 168円

合計        441円
しかもご飯(小)は普通の定食屋で言うと大盛りに匹敵する量です。
まさしくガテン系男飯。
うーん、マンダム。
で、味の方はと言うと学食っぽいですかねー。
まぁ値段からすれば立派。
ただセルフ方式というのは、やはり味気ない。
出来れば昼飯くらいはノンビリ食べたいです。
なかなか実現出来ませんが。

昨日観た映画です。
自分の世代にとってバブルは、あまり縁のない存在。
ちょうど高校生くらいでしたね。
その後、受験・就職戦争を経て、社会に出たときはバブルが崩壊してどん底状態。
団塊ジュニア(第二次ベビーブーム世代)は不遇な世代なのです。
バブル恨めしや。

で、観た感想は?と言うと意外と面白かった。
はっきり言って、フジテレビが絡んでいる映画って、嫌いなのですがね。
だってテレビドラマ程度のモノを宣伝力でヒットさせちゃうズルさ。こいうの大嫌いです。
それでも楽しめたのは、ホイチョイプロのおかげでしょうね。
あの独特な緩さや能天気さが好きです。まさしくこの能天気さこそホイチョイプロの武器であり、バブル期に受けた理由である。
そのホイチョイプロがバブルを描くとは、何とも自己言及的で面白い。
だからバブルを否定していないのがミソである。
うまいトコロ突いています。
但しバブル期を謳歌した諸先輩方がこの映画を観て、どう受け取るかは分かりませんが。
まぁバブルならではのゴージャスなエピソードは大げさだと思うが、ビール片手に観る分には充分楽しめると思う。

それにしても劇中流れてくるC+Cミュージック・ファクトリー「エヴリバディ・ダンス・ナウ! 」は懐かしかった。
よくFMで流れていたなぁ。
mhcp1283.jpg


2007.03.04 下町散歩
今日は月島にもんじゃを食べに出掛けました。
本場のもんじゃを食べるのは初めてなので、当然お店もよく分からない。
適当にもん吉なるお店に入りました。
なかなか勢いのある女将が印象的なお店で、テキパキとした接客が下町らしい。
で注文したのは、明太餅もんじゃカマンベールベイビーもんじゃ(写真)。
まぁ説明不要だと思うが、明太子と餅が入ったモノが前者で、カマンベールチーズとベビースターラーメンが入ったモノが後者である。
両方とも出汁がよく出ており、美味しくいただきました。
特に明太の方が美味しかった気がする。
ベビースターはちょっとショッぱかったかな。
その分、ビールが進んだので、個人的には悪くありませんでしたが。
20070304230844.jpg

その後、ららぽーと豊洲で映画を見てからウィンドーショッピング。
個人的には、これぞ!というお店は見つからず、ダラダラと同伴者の買い物に付き合っただけ。
でも海の近くというローケーションは、なかなかイイですよ。
特に夕日がキレイでした。
やはり、さすらい野郎には夕日が似合う・・・・・・・と思っているのは自分だけ?
20070304231952.jpg


r003dda134-05.jpg
amadanaからこんなオーディオが発売されていました。
サラウンドセットDDA-134という名前からも分かると思うのですが、ホームシアーター用のサラウンドシステムです。
もちろんCDも聴けますので、普通のオーディオとしても使えます。
それにしても、昭和を感じさせるデザインが素敵です。
そう言えば、昔はどの家庭にもこのようなステレオセットが居間に鎮座していましたね。
聴くのは決まって「世界映画音楽全集」みたいなレコード。 それは我が家だけかな(笑)
昔はオーディオも偉かったのです。

ただこの製品、ディスクの出し入れがトレイ式でないのが残念。
トレイ式でないとディスクが傷つきそうで怖いです。
ホント細かいところなのですが。

今日の午後は久しぶりに愛車A4号で営業。
ちょうど夕方自宅近くでアポがあり、そのまま直帰したかったので。
それにしても愛車で営業するのは気分的に気持ちいい。
窓を開けて、春の陽気を感じながら運転したせいかもしれないけど。
まぁ普通に考えて、面白みのない営業車(ホンダ・パートナー)よりは愛車の方がイイに決まっている。
そのせいか、いつもより幾分能動的な気持ちで仕事に取り組めた(気がする)
少なくとも気分転換にはなったな。
下の写真は、トイレ休憩に立ち寄った大宮第二公園で撮ったものです。
ちょうど梅が満開だったので、つい園内を散策してしまった。
別な言い方をすれば、サボりなのでしょうが。
20070301212505.jpg 20070301212552.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。