上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 BESTな中期型
過去にクアトロポルテの試乗をレポートしましたが、ほとんど酷評でしたね。
いやー、ホントいい印象ありませんでしたから。
でも今回購入するクアトロポルテを試乗した時は、全く違う印象でした。
エンジンの吹けは別物のようでしたし、サスからの異音も皆無。
ステアリングはクイックとはいかないまでも、自然なフィーリング。
アクセルペダルも全く重くなかった。
やはり中古車を購入する際は何台か試乗すべきですね。
あれが本来のクアトロポルテの姿と思ったら、あんまりです。

そこで私の購入した中期型を勝手に紹介させて頂きます。現在の私は痘痕もえくぼに見えます(笑)
クアトロポルテⅣの歴史は、以前説明させて頂きましたが、一番魅力的に感じるのが中期型(97・98年型)なのである。
まず外見はエンブレム以外エボルツィオーネ(後期型)とほぼ一緒なので、全く古臭さがありません。
特にホイールは中後期の方がすっきりしています。
5045_o.jpg QporteIV_spRacer3.jpg
しかも前期型に比べウッドの面積は、意味もなく増えています。
AT周りは勿論、デフロスターやドアロック、パワーシーのトスイッチ周りまでウッドを使用しております。
はっきり言って、贅沢というより無駄と言うべきですね。
その無駄こそがマセラティの真骨頂ですが。
quattro-8.jpg quattro-5.jpg
フェラーリ傘下後のエボルツィオーネは、ウッドやレーザーの材質はランクダウンされ、その面積も減っています。
艶消しされたウッドは渋くてカッコイイのですが、耐久性に問題があるようで、保管に気を使わないと、すぐに白く濁ってしまいます。
あと例の時計も限定モデルであるコーンズ・セリエ・スペチアーレ以外は装備されていません。
以前自分は金時計はいらないと思っていましたが、やはり付いていないと寂しいですね。
またエボルツィオーネは信頼性が上がっていると言われていますが、実はそうでもないらしいです。
特にエアコンがよく壊れるとお店の人が口々に言っていました。
フェラーリ傘下と言っても結局はイタリアンjobですからね。
ただエンジンのマネージメントが変更され、フィーリングが良くなっているようですし、ボディの補強により剛性感も上がっているそうです。
その辺は羨ましいですね。
あと大型化されたトライデントのエンブレムは正直格好いいと思います。
ホイールの17インチ化(V8のみ中期から)を含めて、外観はエボルツィオーネが一番でしょうか。

しかしながら個人的には中期型がベストだと思っています。
タマが少ない中、購入出来て、本当にラッキーでした。


スポンサーサイト
2007.04.30 銀座でランチ
昨日は知人と銀座でランチ。
まずは煉瓦亭へ向かったけど、予想通り定休日。
仕方ないので、その近くにあるスペイン料理店の銀座エスペロで食事をすることにした。
そして注文したのは、日替わりランチ。
前菜、メイン、パンorライス、ドリンク、デザートをそれぞれチョイスできるので、知人は喜んでいました。
シーフードサラダ 仔牛の煮込み チーズクリームのババロア

肝心の味は至って普通。これだったらパエジャにすれば良かったかな。
まぁ値段を考えれば、文句は言えませんがね。

20070430101544.jpg 20070430100923.jpg

スペイン料理 銀座エスペロ 3丁目店
中央区銀座3-4-4大倉別館2F
 
昨日は、勿体ぶった記事を書きましたが、要するにマセラティ・クアトロポルテⅣを購入したのです。
しかも一番欲しかった中期型を。
クアトロポルテ クアトロポルテ後方 エッチな内装

実は今週の日曜日にこのクワトロポルテを見た時、このクルマは自分が乗るべきクルマだとピピッときました。
これも運命ですね。
本当は違うクアトロポルテを見に行ったはずなのですが。
出会いとは常にこんなものです。
ただ色んな迷いがあったので、ここは一つRYUJIさんにアドバイスをと思い、昨日一緒にお店へ付き合ってもらいました。
まぁRYUJIさんなら「止めておきな」とは言わないだろういう計算はありましたが(笑)
RYUJIさんは期待に違わず、私の背中を猛プッシュ!?(ある言葉が決め手になりました)
それにより優柔不断な私も漸く決心しました。
納車は来月半ばです。
暫くはBLOGネタに困ることはないでしょう。
ネガティブ(故障?)な話題は困りますがね。

2007.04.27 ついに
時計を買いました。
最近嫌なコトが続いたので、気分転換になったらと思い、決心しました。
購入にあたっては色々悩みましたが、一番欲しいものを素直に選択。
おかげで値段は、そこそこしました。
そのくせ自社ムーブメントは愚か機械式でもなく、ただのクォーツなのです。
... 続きを読む
私の性格は、どちらかと言うと王道をいく売れ筋より反主流のモノに肩入れしたくなるタイプ。
要するにヒネクレものなのである。
クルマ選びも例外にあらず、ついヒトヒネリしたくなるのです。
まず最初に買った外車であるランチア・デドラターボ然り、白いアルファ156・・・・・・一般ピープルには全く理解されませんでした。
アウディA4を購入した時でさえ「何でベンツにしなかったの?」だの「BMWは高いからねー・・・・・・」だの言われる始末。
だからアウディにしたんだよ!!

そんな自分が現在気になるクルマがプジョー406スポーツフォード・モンデオST220である。
両車とも生い立ちは違えども地味であることには変わりない。
昔風に言えば「羊の皮を被った狼」である。

406は映画「TAXI」シリーズで有名になったが、この406スポーツの外見はスポイラー類など一切なく、極めてオトナシイ。
またエンジン・サスペンション・ミッション等も特別なチューンをされている訳でもなく、本国仕様をそのまま日本へ輸入しただけ。
だからこそ、フランス車らしい味が残っているのだろう。
そのせいか中古車市場では高値をキープしている。
と言うかタマが少ないのに加えて、現オーナーが中々手放さないのでしょうね。
これに代わるクルマがないからなぁ。
プジョー406スポーツ

一方モンデオST220の方は、406とは違ってヤル気満々のチューンが施されている。
エンジンは給排気系にもメスが入り、サスはジオメトリーから見直されているらしい。
元々シャシーの完成度には定評のあるモンデオであるから、かなり期待の出来るハンドリングなのだろう。
それでも外見は18インチのタイヤが目立つ程度で、至って地味というところがミソ。
普通の人が見たら、絶対「マツダ車?」という反応でしょうね。
だからこそ欲しくなるクルマなのだけど。
でも、ゴメンナサイ。
実際私には、買う勇気はございません(泣)
モンデオST220


2007.04.24 心機一転
春は出会いの季節とよく言われるが、別れの季節でもある。
自ら望んだ別れでも、別れとは寂しいものだ。
決して後悔はしていないのだが。
残り僅かな出会いの季節に期待しよう!
by さすらい野郎
昨日は中目黒に用事があったので、このカフェでひと休み。
ユーズド家具を多用した雰囲気が私好み。
程良い暗さも合格である。
ただお客さんはワカモノばかり。
おそらく私達が最年長だったと思う。
だからと言って、うるさくないのが中目黒という土地柄なのでしょう。
店内1

メニューを見ると意外や意外、イタリアンが充実している。
ワインの種類もカフェの域を超えています。
厨房に目を向けてみると、豚バラ肉の塊(ベーコン??)が吊るされておりました。
案外夜も使えるお店なのかもしれません。

また店内にはDJスペースがあります。
その中に鎮座している真空管がとってもイイ雰囲気。
何か定期的なイベントでもやっているのでしょうか?
因みに流れていた音楽は、R&B系とFREE SOUL系。
音楽に興味がない人には、少々うるさいBGMかもしれません。(私は好きですけど)
店内2

Cafe Carat
東京都目黒区上目黒1-18-6 B1


レコレ誌
特集は60年代ロックアルバム・ベスト100である。
創刊25周年記念企画だそうです。
ベスト10は以下の通りである。
1位  ビーチボーイズ 「ペット・サウンズ」
2位  ボブ・デュラン 「追憶のハイウェイ61」
3位  ザ・バンド 「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」
4位  ローリング・ストーンズ 「レット・イット・ブリード」
5位  キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」
6位  レッド・ツェッペリン 「レッド・ツェッペリン」
7位  ビートルズ 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
8位  ビートルズ 「リボルバー」
9位  ローリング・ストーンズ 「ベガーズ・バンケット」
10位 ジミ・ヘンドリックス 「エレクトリック・レディランド」
 
名作中の名作ばかりですね。
ただビートルズの最高位が7位というのが意外です。おそらく票が割れたのでしょう。
10位以下で面白いのは、トラフィックのアルバムが3作入っている点である。
1・2作目は選ばれて当然だが、3作目の「ラスト・エグジット」が入っているのには驚いた。そんなにいいアルバムとは思えないのだが。
選考者によっぽどのトラフィック好きがいたのだろう。

因みに自分が「10枚選んでみろ」と言われたら、以下の通りである。(実際の選考者は25枚選んだようです)
ビートルズ 「リボルバー」
ローリング・ストーンズ 「ベガーズ・バンケット」
ザ・フー 「マイ・ジェネレイション」
キンクス 「サムシング・エルス」
スモール・フェイセス 「オグデンズ・ナット・ゴーン・フレーク」
クリーム 「カラフル・クリーム」
トラフィック 「トラフィック」
ザ・バーズ 「昨日よりも若く」
アソシエイション 「バースデイ」
スライ&ザ・ファミリー・ストーン 「スタンド!」

一応、1アーティスト1アルバムということで選んでみました。
意外とオーソドックスな10枚になりましたね。
ただ、どう考えても10枚では足りません。
ヤードバーズ、ホリーズ、CSN、バッファロー・スプリングフィールド、ドノヴァン、ミレニウム、ピンク・フロイド、ソフト・マシーン・・・・・・・・・・も入れたかった。
結局こういった企画は、あれもこれも入れたいと悩んで、最終的にはオーソドックスな選択をしてしまうのだろう。
(来月号は70年代ロックだ)


2007.04.15 神保町喫茶店
私、自称カフェ・喫茶店マニアであるが、最近そちら方面はご無沙汰しております。
しかしながら先週のデイキャンプで眠っていた珈琲魂が目覚めてしまった。
そこで本日、喫茶店の聖地神保町を訪れてみた。
残念ながらさぼうるラドリオは定休日。
さぼうる ラドリオ

よって御三家で唯一開いていたミロンガに入りました。
3店の中では、最も一般受けがするお店だと思います。
まぁ今日は相方がいたので、ちょうど良かったかも。
このお店の特徴はBGMである。
普通のお店のようにジャズやクラシックではありません。
アルゼンチンタンゴを流すのです。しかもアナログレコードで。
その音色は、古本屋巡りで疲れた身体に優しく語りかけてくれます。
しかも店内はギリギリ本が読める程度のほど良い暗さ。
カフェと違い、喫茶店は暗くなければダメです。
同伴喫茶、ノーパン喫茶・・・・・・・ジャンルは違えども全て暗いですよね(笑)
あとこのお店のもう一つの顔は、喫茶店でありながら世界のビールが味わえるということ。
こうなると、ちょっとしたBAR感覚ですね。
残念ながら本日は、訳あってビールを呑めませんでした。
ホント残念なのですが。
今度一人でもいいから呑みに行こおーっと。
ミロンガ 20070415225604.jpg 20070415225637.jpg

ミロンガ・ヌオーバ
東京都千代田区神田神保町1-3



2007.04.13 VOLVO S40&V50
VOLVO S40V50がフェイスリフトされたらしい。
元々S60やV70を縮めたようなデザインで、あまり好きではなかったが、今回のマイナーチェンジで俄然魅力的になった。
エクステリアはグリルが立体的になり、ちょっと精悍になった印象。
悪くはない。
それ以上に変わったのはインテリアである。
volvoインパネ
従来の樹脂性コンソールからノルディック・ライト・オークという本木目のセンターコンソールに変更された。
写真を見る限りヤコブセンのセブンチェアやアントチェアでお馴染みの成型合板を使用しているようです。
そのおかげで質感が素晴らしく向上したように見えます。
もしかしたらフリッツ・ハンセン社のウッドを使用しているのかも?(そんなはずないか)
因みにホンダは天童木工のウッドを使用しています。その狙いはいいのですが、残念ながらセンスがイマイチ。ボルボを見習って欲しいです。
それにしても最近のボルボはS80やV70等、インテリアに凝っていますね。
北欧家具色が強くなっており、角張って丈夫なイメージから見事に脱却することが出来ました。
この路線を更に推し進めて欲しいです。

2007.04.10
久しぶりに、こんな小料理屋に行ってみた。
中華そば蛍
なかなか落ち着いた雰囲気でしょ?
と言ってみたものの、実は中華そば蛍というラーメン屋です。
自宅近くにある人気店である。
元ギャラリーであった所を改築しただけに、落ち着いた雰囲気が私のお気に入り。
しかもBGMはジャズ。 ちょっとした創作料理屋みたいである。

今回食べたのは魚介と豚骨のダブルスープが特徴である「中華そば」
中華そば
久しぶりの来店だったが、サンマ節の味が相変わらず強く、美味しく頂きました。
ただ味付け卵がやや茹で過ぎだったのが残念。
次回は、もう一つの看板メニューである「とりそば」を食べてみようかな。

中華そば蛍
さいたま市見沼区大和田町1-1813


?なタイトルですが、要は男盛り4人組が「午後のコーヒー的な幸せ」を求め、那須へ行ったということです。
写真を見る限り、アウディの撮影会みたいですが。
アウディA4 A4その2 アウトドア
一応、役割分担が決まっていて、
メディチさん・・・・・総合プロデュース、シェフ、大道具
ハリソンさん・・・・・飲み物(コーヒーミル持参!!)
tomyさん・・・・・・・撮影
さすらい野郎・・・・・音楽、卵割り?
要するに、メディチさんに任せっきりだったのです。ゴメンナサイ。
メディチしぇふ どうだ! 20070409213407.jpg ミルbyハリソンさん サイコロステーキ風 なぜか卵が少ない・・・・・・
美味しい料理にコーヒー、それと大人の会話。
まさしく、そこには素敵なカフェがあった・・・・・・・・。


2007.04.08 魚仁 その2
今日は戸川師匠魚仁に行ってみた。
17:15に到着したのだが、すでに満員状態。
魚仁店内 戸川師匠
我々は何とか半オープンカフェな席に座ることが出来ました。
で頼んだのは、ポテトサラダ・マグロぶつ切り・牛すじ煮込み・さけカマ焼き・まぐろネギ間焼き
20070407234518.jpg 20070407234603.jpg 
20070407234644.jpg 20070407234732.jpg
店内が混みあっていたせいか、店員さんは大忙し。
お客さんと漫才のようなやり取りが笑えました。
いろいろ飽きさせない店だ。

その後、町屋にある戸川さんの家に。
117が輝いていました。
20070407235323.jpg

まだ呑み足りないので、戸川さん行き着けの店へ。
なかなか落ち着いた雰囲気のお店であった。
さすが師匠だ。
ただ落ち着いた雰囲気のお店でも、師匠はやはり師匠である。
姿が見えなくなったと思ったら、いきなり「ゴッドファーザー愛のテーマ」の歌声が。
紛れもない、師匠の声だ。
私、週末の路上演奏バージョンは聴いたことがあるが、カラオケでは初めて聴いた。
その間、私はというと、隣のおじさんとディスカッション。
全共闘(学生運動)から映画の話までたっぷりと1時間。
yosさん、無駄な60年代知識も、たまには役立ちますよ(笑)
20070408000945.jpg


2007.04.07 放置プレイ
myアウディA4
黄砂が降る前から、こんな感じでした。
何事も放りっぱなしは、良くありません。
愛想つかされます。

明日の為にGS行って、洗車してもらいます。



ここ1週間くらい、ずっとクアトロポルテのことを考えておりました。
仕事も手につかない程(嘘)
結論から言うと、購入するのを諦めました。
理由はこんな感じです。
1.通勤に使えそうもない。
2.屋根付き駐車場でないので、天然素材(ウッド&レーザー)が痛みそう。
3.年齢的に(社会的地位?)まだ似合わない。

クアトロポルテ所有の最低条件は、アシ車と屋根付き駐車場を確保することだと思う。
それが出来ぬのならば、乗る資格はない。
非常に無念なのですが。
でも乗る条件が整ったら、また検討してみたいな。

で、替わりに何を買うかとなると
プジョー406クーペ
アルファGT
アウディA4 カブリオレ
ボルボS60R
アルファ156GTA
大穴に 
ランチア・カッパクーペ

あとはA4を乗り続けて、時計を頑張っちゃうというのも手である。


2007.04.04 サッカーの街
20070404212846.jpg
自宅前にいつの間にかありました。
消火栓の蓋です。
これも浦和レッズ効果なのでしょう。
ただうちの近くは、旧大宮市なので、サッカーの街という雰囲気ではないのです。
がんばれ!大宮アルディージャ。
2007.04.03 フライ
揚げ物がどうした?と言われそうですが、違うのです。
埼玉の行田名物「フライ」のことです。因みに語源は富来から来ているらしい。
で、どんな食べ物かと言うと、キャベツの替わりに長葱が入ったお好み焼きです。
ただお好み焼きよりも薄いので、クレープに近いかもしれません。
特筆すべき点は、ほとんどのお店で焼きそばとセットで売られていること。
何で焼きそばなのでしょう?
20070403213052.jpg 20070403213135.jpg
だいたい1枚300円くらいなので、ファーストフード感覚で食べられます。
因みにこのお店は、あまり美味しくありませんでした。
うちのおふくろが作ったお好み焼きみたいだったので(笑)
だから店名は、あえて公表しません。





QUATRO8.jpg QporteIV_spRacer3.jpg maserat2.jpg
どうも最近、クアトロポルテのことで頭がいっぱい。
クアトロポルテのある生活を勝手にシュミレーションしています。
素敵なdonnaを助手席に、どこそこのレストランに乗り付けるとか・・・・・・・・・・・。
こうなると末期症状だな(笑)

しかしながら、いざ購入となった場合、いくつか障害がある。
一番の悩みは、通勤に使えそうもないこと。
専門店によると、年間走行距離を5,000キロくらいにしないと維持費がメチャクチャかかるらしい。(因みに現在は通勤も含めて、月に1,000キロ以上は乗ります)
確かにオイル交換が3,000キロ毎だし、ベルト関係も20,000キロ毎なので、現在の使用状況だと、金喰い虫だな。
結婚したら、かなり厳しいでしょうね。

だったら、セカンドカーを持ったら?という意見が出てきそうですが、安月給のサラリーマンで、尚且つ他に欲しい物がたくさんある身、これ以上車エンゲル係数をあげるのは、避けたい。

となると、車通勤を諦めて、電車とバスで通うしかない。
「Good idea!」と言いたいところだが、通勤時間が倍(30分→60分)になるのです。
朝のプラス30分は痛いし、車の為にここまでするのは、どうかと思う。
でも買うとなったら、こうするしかない。
平日は頑張って電車通勤し、週末はクアトロポルテと素敵な時間を過ごす。
オイラの別荘(妄想) ここで日光浴(妄想) オイラのクルーザー(妄想)
こんな週末が待っているのですよ!! きっと。。。。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。