上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.30 早起きの理由
画像 1523
本日は10ヶ月ぶりの朝箱。張り切られずにはいられない。 私が早起きする理由なんて、ここに来る時くらいでしょう(笑)  
おや? 一台ボンネットが開いているぞ。

画像 1524
私のクルマではないか。 でも別にエンジンを見せびらかしている訳ではありません。
ターンパイクで愛車にムチを入れた結果、エンジンルームから煙がモコモコ。
大観山PAへ着いた時は、注目の的に。 やはりスターは違う(苦笑)

原因はATFのオイルゲージが外れて、そこからオイルが吹き出た模様。 ターンパイクではキックバックを多用しましたからねー。
画像 1520
それにしても、このレベルゲージ、実に頼りないのです。 カチっとハマらず、すぐにでも外れそうな華奢さ。しかもパッキンやOリング等は付いていないので、オイルが沸騰すれば、漏れなく洩れることに(笑)
内圧で外れたか振動で外れたか分からないが、オイルゲージの改善が急務である。 こんな症状で困っている人は他にいるのでしょうか?

そんなこんな頭を抱えているうちに全員集合。
今回、集まったメンバーはRYUJIさん、こすーぎさん、ぱんぱんさん、takahiroさん、のじ@10気筒さん
画像 1526
大観山のビューラウンジで皆さんと暫く歓談。
こうしたマッタリとした時間を日曜日の朝、箱根で出来る幸せ。クルマ好きで良かった。

その後、カフェ・ジュリアへ移動。
画像 1529
残念ながら、カフェ・ジュリアは駐車場が満車だった為、訪問を断念。
御殿場方面にある蕎麦屋で昼食を取って、流れ解散となりました。
ちょっとしたアクシデントはありましたが、久しぶりに聖地箱根の空気を吸えたので大満足。
皆さん、今日は有り難うございました。 また一緒に朝箱しましょうね。

帰り道は、こんなクルマと遭遇しました。
画像 1531
首都高の渋滞でも涼しげなスポーツカー。 やはり都会的なブランドイメージのなせる業か。
煙の出る我がマセラティとはホント対照的なクルマです(笑)

渋滞を抜けたら、こんな素晴らしい景色が。
画像 1533
千鳥が淵の桜です。 晴れていたら、更に華やかなのですがねー。
これを見たら、急に花見がしたくなりました。 今週末まで持ってくれないかなぁ・・・・・・・。



スポンサーサイト
本日は急遽代休を取りました。 最近土曜日は毎週のように働いていましたので。
それにしても、この忙しい年度末に会社はよく休ませてくれましたねー。 まぁ休みは取ったもの勝ちですから。
しかしながら、せっかく休んだのはイイものの、お昼過ぎまではゴロゴロとしていました。 あー、勿体ない。 このままでは、貴重な休日が無駄に終わりそうだったので、クアトロポルテで新規カフェの開拓をすることに。
幸いにも、隣町上尾に今月オープンした店があるとの情報を入手しましたので、早速行ってみることにしました。

山本屋又右衛門

本日訪れたのは、上尾原市宿にある古い商家を改造した「喫茶・ギャラリー山本屋又右衛門」である。
外観は宿場町にある典型的なカフェといった感じ。 紺色のQPと見事にマッチしていると思いませんか?

画像 1511

中はと言いますと、立派な梁が印象的な和モダンテイスト。 
ただ少々のあざとさと中途半端さが見え隠れするのが残念。 この近辺の主婦にとっては、居心地がいい空間かもしれませんが。

画像 1516

このお店のいいところは、この中庭。
これからの時期は、ここが一番の特等席だと思う。 

でもこのお店、残念なことに肝心の珈琲があまり美味しくない。 味は薄いし、香りもなし。
また紅茶はクィーンズ伊勢丹のティーパックが出てきた。 こういったモノを客に悟られるのも、どうかと思う。
器(建物)の素材がいいだけに、非常に残念である。 いち早く改善を望む。

喫茶・ギャラリー山本屋又右衛門   埼玉県上尾市原市737 



画像 1518

店を後にして、しばらくQPを走らせると桜並木が出現。
まだ三分咲きくらいなのでしょうが、綺麗だったので、クルマを停めて撮影。 
紺色のボディが桜色に染まる。 やはり紺ポルテには和が似合う。


画像 1490

今回訪れたカフェは先々週に発見したばかりのお店。先週に引き続き2回目の訪問である。
こちらのお店は、ギャラリーも併設されているせいか、どことなくアーティスティックな印象。
庭のあちこちにオブジェがあります。

画像 1499

ここのウリは、何と言ってもネルで淹れた珈琲。苦味と香りが楽しめます。
特にブレンドは、私が今まで飲んだ珈琲の中で一番バランスの取れた珈琲かもしれません。 苦味を残しながら、まろやかなのである。(残念ながら、今回は珈琲の写真を撮り忘れました)

画像 1496

丘という地形を活かした庭は四季折々の草木が楽しめるようです。

画像 1498

決して尖がった空間ではありませんが、温かみのある店内は時間を忘れるほど居心地がいい。
こんな雰囲気の場所でKINKSの「サニー・アフターヌーン」を聴いたら、どんなに気持ちいいのでしょうね。(因みにこの店のBGMはクラシック)


布ドリップ珈琲 quench(クエンチ)  さいたま市北区日進町2-1548



画像 1488

先日仕事で川越街道を走っていたら、良さげな蕎麦屋を発見したので、本日早速訪問してみました。
外見はコンクリート打ちっ放しで、とてもモダンな印象。とても蕎麦屋さんには見えません。
直線的なデザインであるクアトロポルテとは、マッチした建物だと思うのだが・・・・・・・・・。

画像 1478

インテリアは外観同様モノトーンを基調としたクールな印象でありながら、中庭が見える大きな窓が開放的な空間を演出しています。
こうなると、何処からみても、ダイニング系のレストランですね。
でもこのお店、見かけ倒しのお店ではなく、しっかりとした蕎麦を食べさせてくれるのです。

画像 1484

私が注文したのは、辛味おろし蕎麦。 大盛りにしました。

画像 1483

コシが強く、歯ざわりが固めの蕎麦は私好み。 蕎麦の甘みもしっかりと感じられました。
汁は濃いめですが、決してしょっぱい訳ではありません。 かえしも風味豊かです。

画像 1485

同伴者が選んだつくね蕎麦も美味しそうである。

シチュエーション、味ともども期待通りのお店であった。
ただ心配なのは、日曜日のお昼時にも拘わらず、客は私達だけ。
食の不毛地「埼玉」では、こういったお店は苦戦してしまうのか。
コンセプトが素晴らしいだけに、店主には是非頑張ってもらいたいですね。


手打そば 和楽   埼玉県ふじみ野市亀久保4-9-36



画像 1473

葉山にある洋菓子の名店「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」抹茶黒蜜ロールを買ってみました。 こちらは先日オープンした大宮店限定の商品らしいです。

抹茶をまぶしたバウンドケーキ部分は、予想以上に抹茶の風味が強く、上品であります。
沖縄産黒蜜を使用したクリームは意外にもさっぱりとしており、抹茶との相性はバッチリ。
また甘みを抑えた丹波黒豆が単調になりがちなクリームな中で良いアクセントとなっております。
今まで食べた抹茶ロールの中では文句なしNO.1でしょう。
甘いのが苦手の私にも・・・・・・・・・・・・・・・・・・最近ではそんな枕言葉もいらなくなったようです。
すっかり甘党の仲間入りか!?(苦笑)


先日、バレンタインデーのお返しで、とある女性とイタリアンを食べに行きました。
このお店は、地元でもなかなか評判のお店である。
画像 1449

画像 1453

画像 1455

こちらのカルパッチョは、自家製のバジリジコソースが絶品。

画像 1458

画像 1464

パスタ2

パスタは2つとも手打ち生パスタを選択。
下のパッパルデッレの方が腰の強さが実感出来、美味しく感じられた。 
ただ2つとも味付けが濃厚の為、一皿を二人でシェアした方がいいかも。 一皿でも量はしっかりあります。

蓮田イタリア料理

今回は私の体調が芳しくなかったので、メインとドルチェはお預け。(決して、M氏のように「ドルチェは君だよ」なんて気障なセリフは吐きませんでしたから)
次回は体調を整え、別なパートナーと楽しもうかな・・・・・・・・・・・。

TRATTORIA NATURA (トラットリア・ナトゥーラ)  埼玉県蓮田市東4-11-4
お店HP  http://www.geocities.jp/trattorianatura2005/index.html


ついに小型アルファが発表されたようです。 
名前は139ジュニアではなく、「Mi.To」というネーミング。
AlfaMiTo_2_500.jpg



フロント、リアともに小型車という制約がある中、8Cの特徴を上手に取り入れています。
フロントは好みが分かれそうですが、個人的には素直にカッコイイと思えます。
やはりイタリアは小型車の造り方が巧みですね。フィアット500に続き、早くもヒットの予感が。
日本には、いつ頃に入ってくるのでしょうか?
今から楽しみです。

2008.03.14 CAFE_UPPERWEST
画像 1444
こんな隠れ家で昼食を取りました。
このお店、金・土曜日の週2日しか営業しない何ともノンビリしたカフェなのです。
場所は大宮駅から、かなり離れた位置にあり、こんな所に何故?と思えるところが正に隠れ家です。

画像 1446
店内はこのように手作り風なインテリア。
その為、何処となくスローな空気が流れていて、居心地がいい空間に仕上がっています。

画像 1445
注文したのはランチプレート(コーヒー付き)。
パスタと自家製ハムにサラダ、マリネ等が一皿にまとめられています。 
量は男性には厳しいカフェ飯サイズ。 値段からすると、もう少しボリュームが欲しいですね。

でもBGMで流れているアレサ・フランクリンの優しく力強い歌声が疲れた心を癒してくれます。
ホームページを見る限り、オーナーはジャズやソウル好きなのでしょう。 そんな所が私の琴線に触れます。
今日は、午後一でアポが入っていた為、ゆっくり出来ませんでしたが、次回再訪する際は、愛読書を持ち込み、のんびり過ごしたいですね。


CAFE_UPPERWEST (カフェ・アッパーウエスト)
さいたま市西区指扇2811-12
HPアドレス  http://homepage.mac.com/upperwest/menu1.html



画像 1437
久しぶりに、こんな雑誌を買いました。 
いつもの悪い癖で浮気の虫が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それは嘘です。

画像 1440
こんな記事が載っていたからです。
今時、中古車雑誌でも先代クアトロポルテの記事は、なかなかお目にかかることがありません。
そんな最中、QPⅣを載せるなんて、分かっているなリクルート。
でもこの個体はエボルツィオーネではありません。私と同じエボ前の中期型ですから。
その辺を間違えられるとは、やはりマイナー車の悲しき性かな。

画像 1442
ギブリも掲載されていました。 ガンディーニ万歳!(残念ながらシャマルは、大きく採りあげられていませんでした)

他に現行型や3200GT、QPⅢの記事もあり、それなりに楽しめます。 マセラティに興味のある方は是非目を通して下さい。


2008.03.10 春場所?
当ブログは、なるべく楽しい話題を提供したいと考えているいるのですが、日常には楽しくないことも多々あります。
今回はその楽しくなかった出来事について書きたいと思います。
プラス思考の方は、どうか読み飛ばして下さい。

それは、土曜日に行われた“合同ミーティング”のことなのである。
相手は私の後輩が取引先の忘年会で引っ掛けてきたイベントコンパニオン。 こんな前情報しかなかったので、否が応でも期待しちゃうでしょう。
何せ相手はプロ仕様。しかも美を売りにする職業だから、ルックスもかなり期待出来るし。 そうなると、当然こっちとしては、マジな恋愛をしようなんて考えていません(ニヤリ★)

そんな期待をしながら、ミーティング会場へ。 私以外の7人は、すでに来ているとのこと。
幹事の後輩クンは気を利かせて個室を用意していたようだ。 なかなか分かっているな。
そんなことを思いながら、部屋へ入ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ!関取が3人!? 女性4人中3人もですよ。 よく3人も揃えられたなと感心するくらい凄い。 もしかしてデブ専コンパニオンなんてあるのかぁ?
しかも、もう一人の女性も場末のスナックママといった雰囲気。 外見からすると40歳くらい?と読んだのだが、実はまだ33歳とのこと。余程、苦労したのだろう・・・・・・・・お気の毒さま。
人は外見でないことは、実体験でよーく分かっております。それにしても、これは酷すぎます。

こんな感じなので、終始大人しくしていた私。
会は当然ながら、盛り上がりに欠けていましたが、孤軍奮闘している先輩のお陰で、女性陣はそれなりにご機嫌になってきたようです。
そうしたら関取の一人が酔っ払い始めました。 コヤツがホントに酒癖が悪く、ビールのピッチャーを抱えながら、仕舞いには服を脱ぎたいと言い始める始末。 どうやらスッポンポンになりたいらしい。
あんた、本当に相撲取りかい?
そんなことを思っていたら、ラッキーにも制限時間一杯、お店を出る時間となったのです。助かったー。そんな珍獣な彼女たちでも勘定だけは美女風な要求。 ほとんど我々の奢りでした。楽しい飲み会なら、喜んで奢るのだがねー。

その後も、女の子たちは、ヤル気満々で、続きは2次会でー!と言っている。
当然私はアウト。 そうしたら他の男性陣もいろいろ理由をつけて帰ることに。
そりゃそうでしょ。 ここで残る奴がいたら、男ではありません。
勿論、電話番号なんて聞かず、まっすぐ家に帰りました。 妙に気分が悪かったので。

教訓・・・女性は素人に限る。(当たり前だろ)



2008.03.09 素敵屋さん
今日はメディチさんが仕事で埼玉に滞在されているとのことなので、一緒にランチへ行きました。
昼前にメディチさんを宿泊先でピックアップして、向かった先は埼玉屈指のイタリア料理店「イルクォーレ」。 以前メディチさんと訪れた時は、ウェンディングパーティがあった為、店内へ入れませんでした。本日はそのリベンジです。
しかしながら、さすがに人気店、今回は予約で一杯とのこと。
仕方ないので、そこの系列店である洋食の「素敵屋さん」へ行くことに。
画像 1430

画像 1424
古い蔵を改造した外観は、名前の通り“素敵”である。
開店前にも拘わらず、もう2組並んでいました。
当然予約なしだったので、入店できるか心配でしたが、1時間限定で何とか入店することが出来ました。
ここの名物はビーフシチューとステーキ丼である。
私とメディチさんは躊躇なしにステーキ丼を注文。 スープとサラダがセットになっています。
今日のスープはキャベツのポタージュ。
画像 1426

画像 1427
ステーキ丼は非常に肉が軟らかく、肉の旨味もしっかり感じられました。
しかもバターライスと和風ソースが絶妙なバランスであり、疲れ気味である私の胃にも大変優しい味付け。

画像 1425
またこのお店は漬物が食べ放題なのが嬉しい。(中には嬉しくない人もいるとは思いますが・・・・・・・)

決して値段が安いお店ではありませんが、休日のランチと考えると、それほど割高とは思えません。
今度は“誰か”とビーフシチューを食べに行くことにしよう。

「素敵屋さん」 さいたま市大宮区北袋町1-147


画像 1423
昼食後は、メディチさんと新都心内にある公園で缶コーヒーを飲みながらのマッタリTIME。
天気の良い日に愛車を眺めての他愛もない話。 
画像 1432
これはこれで幸せな一時なのだ。


2008.03.06 車検終了
クアトロポルテの車検が終了したとの連絡があったので、本日ショップへ引き取りに伺いました。会社を休んで(!!)
その前にRYUJIさんとランチをご一緒しました。
200803061157000.jpg 200803061207000.jpg
食事をしたのは、代官山にあるTOM'S SANDWICH
初めてのお店だったので、RYUJIさんお薦めのキャベツ&ベーコンのサンドウィッチを注文。
ガーリックが効いたキャベツが絶妙に甘く、とても美味しかったです。
その後、場所を移してお茶をしながらのクルマ&サッカー談議。 いろいろ興味深いお話を聞かせて頂き、楽しい一時を過ごすことが出来ました。

お茶をした後、RYUJIさんにショップまで送ってもらい、愛車と対面。
ショップの方の話によると、細かい箇所以外は直すところも交換する部品もなかったとのこと。 よって請求書の額は予想の半額以下でした。
画像 1415
これで暫くは安心して乗れそうです。
ただその分、次回の車検は覚悟した方が良さそうですね(苦笑)

その後、ドライブでもしようかと思ったら、仕事の電話が立て続けに入り、気が付けばいつの間にか大宮にいました。
やはり平日に休んだツケなのでしょう。せっかく首都高は空いていたのに。
ともあれQPが無事に戻って来て、何よりでした。

RYUJIさん、忙しい最中、お付き合い頂き、有り難うございました。 


2008.03.05 藤店うどん
画像 1410
外回りの際、よく行くお店です。
埼玉では人気のうどん店で、お昼ともなれば、駐車場内は大渋滞。 この日は早乗りをしたおかげで
待たないで店内へ入れました。
ここの名物は何と言っても肉汁うどん
画像 1409
豚バラ肉とネギが溢れんばかりに入った付け汁はボリューム満点。 食べても食べても下から肉が出てきます。
麺はコシがありながら、しなやかでもあり、私好みの麺である。甘めの汁とよく絡んで胃の中へスルスルと入っていきます。
本日は体調不良で並盛りにしたが、本来なら中盛りがベスト。女性にはチョット厳しい量です。
他にキノコ汁や天ぷらウドンも美味しいので、大宮へ来られた際は是非寄ってもらいたいお店です。

藤店(ふじだな)うどん   さいたま市西区三橋6-14-7
営業時間10:00~15:00 日曜定休


プロ野球もキャンプが終わり、オープン戦の時期となりました。
そんな最中、当社の休憩室にプロ野球選手名鑑なるものが置いてあったので、手に取りパラパラめくってみたら、気になる統計がありました。
「選手の愛車ベスト○○」。何位まで載っていたかは忘れましたが。
1位は予想通りベンツ。200人を超す人が所有しており、一種のステイタスとなっているのでしょう。 
2位はライバルBMWで、あとはレクサス(セルシオ)が続いたような気がする。
全体として、スポーツカーの人気がなく、フェラーリに至っては、山本昌(中日)と藤井(ヤクルト→日本ハム)の2人のみ。何とも夢のない話である。
若い選手は、どうやらハマークライスラー300などのアメ車が好みのようだ。クルマも大リーグ志向なのか。

そんな統計で目を惹いたのは、マセラティ!! 
高橋由、高橋尚、二岡、谷(巨人)、井端(中日)、和田(ソフトバンク)、GG佐藤(西武)の7選手が所有しているのだ。フェラーリより多いのですよ。 
特に巨人は4選手も乗っていることから、チーム内でブームとなっているのだろう。 アンチ巨人の私にとっては複雑な心境であるが、それだけマセがポピュラーな存在になったのでしょうね。
でも余計なお世話かもしれないが、谷選手はあまり似合っていないような気がする。 だって助手席には、あのニキータが・・・・・・・・・・・・・・ある意味クルマより濃いカップルではあるが。
まぁ奥方の存在は別として、彼にはギラギラな車よりも、ルノーやシトロエンのような草食系なクルマが似合っていると思うのだが。
オリックス時代の彼は、決して派手さはないが、いやらしいバッティングで多くのファンを唸らせました。
そんな彼が現行マセラティを選ぶとは意外や意外。やはりジャイアンツというチームカラーが、谷選手を変えてしまったようだ。
パリーグファンの私にとっては、ちょっと寂しいような気がします。

画像 1397
本日、クアトロポルテを車検に出す為、目黒某所へ。
本来なら、朝箱へ行った帰りに預ける予定でしたが、午前中に仕事が入った為、朝箱は断念。仕事を終えてから目黒へ行くことに。
ショップの人と車検の内容を確認したところ、納車整備の際にいろいろ手を入れたので、今回は特に交換部品は無いとのこと。
気になる点を2・3修理して終わりそうです。
一応、片手は覚悟していたので、ちょっと得した気分。 ただ一通りのチェックをした結果、不具合が出てくるかもしれないので、油断は禁物である。
因みに写真右下に写っているブレラ3.2Lは売り物で、値段は370万円台とのこと。かなり買い得感があると思うので、興味がある人は是非。


目黒から帰宅後、ある御仁から郵送物が届いたので、そちらのチェックを行いました。
画像 1408
そう、あのガンディーニ・フェスティバルのDVDなのである。(決して怪しいブツではありません)
あの時の興奮がこの一枚で蘇るのだ!

画像 1407
見よ、このガンディーニ・ビトルボの隊列。 

画像 1405
私のQPも男前に撮って貰いました。 
動いている自機を見るのは初めてかも。 やはりクルマ(=ガンディーニ)は動いている姿が美しい。

画像 1402
走り去るシャマル、もはや私のコメントなど必要ないでしょう。

このDVD、夕方から3回も見ました(笑) 不朽の名作です。
HURRYさん、本当に有り難うございました。
このDVDを利用して、ガンディーニ・ビトルボの布教活動に励みます(笑)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。