上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像 237
昨日、佐野のアウトレットで購入したスコッチグレインのストレートチップです。
今までスコッチグレインというブランドには全く興味がなく、個人的にはリーガルと似た存在であった。それもそのはず日本のデパートでは必ずといっていい程、リーガルの隣に陳列されています。だからリーガルの高級ブランドかと思っていたくらいです。
しかしながら昨日たまたまお店を覗いたら、私好みのフォルムをしたストレートチップを発見。しかも定価38,000円でしたが、値札は2万円台とお得。 これは逝くしかないな。
ただ問題はソールがレザーなのだ。毎度のことながら、気に入った靴のほとんどはレザーソールなのです。 ゴムソールの靴で本格的なモノは少ないですからね。
画像 239
しかし上の写真を見ると、踵部分とつま先がゴムで補強されています。 これなら何とか使えそうと判断し、買ってしまいました。 それでも雨の日はお留守番でしょうね。
また皮の品質もヘタなセレクトショップオリジナル商品よりも全然いい感じです。しかも付属品としてシューズキーパーも付いていました。意外と拘りのある会社なのですね。
この靴が私の足にフィットしたら、他の商品も買っちゃおうかな。

スポンサーサイト
lancia-versus-02.jpg

lancia-versus-04.jpg

ランチアとヴェルサーチ系のブランド「VERSUS」がコラボして、上のYpsilonを限定で発売するとのこと。 ちょっと微妙ですが、ヴェルサーチの派手さはしっかりと表現されているので、イタリアらしいと言えばらしいですね。私の好みではありませんが・・・・・・・・・・それでもルーフの模様はアリかなと思う。

ところで何でVERSUSとコラボしたのでしょうか?
出来ればプラダ、フェラガモあたりとコラボして欲しかったです。 やはり今のフィアットグループだと銭の問題で一流どころとは無理なのでしょうね。

秋分の日は1ヶ月ぶりにQPでドライブ。行き先を何処にするか迷ったが、イタリアンを食べたい気分だったので、以前より行ってみたかったTRATTORIA E PIZZERIA Amici (トラットリア エ ピッツエリア アミーチ)へ行くことにした。片道60kmという距離は少々物足りなさを感じましたが。
画像 211
茨城の名店なので混むこと予想し、開店15分前に到着した結果、一番乗り。せっかくなのでお店の前に番長停めをしカメラ小僧に。
南イタリア風の白壁にQP、なかなかマッチしているでしょ?

注文したのはBランチ(前菜、パスタorピッツア、肉料理or魚料理、デザート、珈琲)
画像 217 

画像 218

画像 219

画像 223

画像 225

画像 226

画像 228

画像 229
このお店、噂通りの素晴らしいお店であった。 料理は全てにおいて手抜きがなく、丁寧に作っています。特にマルゲリータは私が今まで食べたピッツアの中で一番感動したものであった。
薄い生地はサクサクモッチリの私好み。また焦げた部分が香ばしい匂いを発し、それだけで食欲をそそる。それに加え酸味と甘みのバランスが絶妙なトマトソースが絶品。なかなか食べ応えがある量だったが、この素晴らしいトマトソースのお陰ですんなり胃袋に消えてしまった。
今度、他のピッツアもアラカルトで注文してみたい。
画像 216

TRATTORIA E PIZZERIA Amici (トラットリア エ ピッツエリア アミーチ)
茨城県つくば市手代木286-1




イタリアンの後はこんなアメリカンなお店でお茶を。 こんなギャップが好きである。
画像 231

画像 232

NON AMERICAN CAFE&DINER
茨城県つくば市上野700-5



時計資金もそこそこ貯まり、そろそろ購入したいと思うのだが、残念ながら自分の予算内で欲しいものがない。
まずは前にも候補とあがったジラール・ペルゴのシーホークⅡが気になるのだが、GPの時計は予想以上にメンテナンス費用がかかるのとのこと。放蕩息子を他にかかえているので、時計までは勘弁である。
そこで少し予算オーバーだが、IWCインジュニアの40mmはどうだろうか?
photo01.jpg
通常のインジュニア(42mm)は色気こそないものの、無骨で尚且つシンプルなデザインが魅力的。勿論、この時計の特徴である耐磁性能はパソコンを多用するものにとって心強いもは言うまでもない。
ただこちらの時計、私の腕には重く大きいのである。個人的には小振りの時計が好きなのだ。
そんな中、昨年発売されたインジュニアの40mmは、私の琴線に触れる一品である。 そのコンパクトなサイズは勿論のこと、エレガントな白の文字盤とゴールドの針は、通常のインジュニアにはない魅力である。しかもその塩梅が控えめな性格の持ち主である私にとって、ほど良いのだ。
しかーし、この時計、インジュニア最大の特徴である耐磁性能が備わっていないのである。これは購入するに当たって、かなり引っかかる部分なのだ。 それはシトロエンの最上級車種にハイドロサスペンションが装備されていないのに等しいことなのである。 
性能を取るか?デザインを取るか? これもモノ選びの難しく楽しいところ。
さて、私の時計選びはどうなることか。混迷を極めてきた。

2008.09.08 芸人?
久しぶりの更新です。
ブログを始めてから、こんなに空けたのは初めてですね。
何か心境の変化でもあったのでは??と思われている方もいらっしゃるのかもしれませんが、残念ながらただ仕事が忙しかっただけです。

それでも一昨日は知人の結婚式に参加。 さすらい野郎としては、張り切らずにはいられません(ニヤリ★)
下心を隠すべく鼻の下を縮めて会場入りするが、席次表を見て
画像 209
弟子を設けた憶えはないのだが・・・・・・・・・・・・・。
それでも私を師と仰いでくれる新郎に感謝せねば。ハハハ。(この野郎!
あー、因みに肝心要の収穫はありませんでした。残念。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。