上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.28 かばん
GT/ENGLAND
実は今年始めにグローブトロッターを買いました。鮮やかなオレンジはQPの内装をイメージしてチョイスしました。
しかし残念ながら、そのオレンジはQPのトランクと未だ1回しか遭遇していません。 なかなか長期のお休みが取れませんので。 あー、QPに乗ってマジョレ湖へ行きたいです(願)

今年はこれも買ったが・・・・・・・・・・
ミレー
1回のみの使用で終わりそうです。

そろそろビジネスの相棒であるTUMIもくたびれてきました。今年は鞄の年なのでしょうか? 次なる獲物を物色中であります。
こうやって物色している時間が一番楽しいや。



スポンサーサイト
仕事帰りのQP
最近ご無沙汰のQPだが、至って元気である。
実はここのところ、通勤にも使っています(否、通勤だけかも!?) さすがにこの暑さでは、会社までウォーキングは無理です。私より夏に頑強なQPは実に頼もしい。
おまけに仕事が終わって、この空間を味わえるのは実に有り難い。外は田んぼと山しかありませんが、そんなことをすっかり忘れさせてくれるこの妖しい空間、一日を無事に終えた自分への御褒美だと思っています。
ソアラ、ランチア、アルファ×2、アウディと3年周期でで車を乗り換えてきましたが、QPは未だに飽きていません。このクルマよりランチアは品、アルファは楽しさ、アウディは安定感が勝っているのに。
こうなったら、最期まで看取るしかないのか? クルマ好きには酷な相棒であります(苦笑)

アメリカのTVドラマは根強い人気があるが、私は最近のものに興味はない。この「スパイのライセンス」を見たら、最近の作品は子供染みたものばかり。



あくまでもタイトルのみの映像だが、名作「華麗なる賭け」と同様な分割式の画像がいかにもレイト60年代の趣きであり、現代のテレビとは比べるもなく、大人の世界。
主役のロバート・ワグナーは、二枚目でありながら、飄々とした仕草が非常に魅力的である。しかも日本語版の声優がジェットストリームでお馴染み城達也なのだ。そのイメージとは違って軽いイメージを上手く演じています。

ストーリーは「主役のアレックス・マンディ(ロバート・ワグナー)は一流の泥棒でしたが、たった一度ミスをおかし逮捕されました。サンジョバル刑務所で服役しているマンディに、アメリカ政府の諜報機関SIAのノア・ベイン部長から申し出があり、彼が政府のために泥棒の才能を使うなら、仮釈放され、監視つきではあるが普通に暮らせるというものでした。政府の仕事と云っても身分を変え、変装し、敵地に入り、お目当てのブツを頂戴してくるだけ。泥棒と違うのは自分の懐に入らないことでした。彼は申し出を受け入れ、ベイン部長の指示で危険なスパイ活動に従事します。監視役あるいは助手として、美人のSIA局員が付いてくるのでそっち方面にも才能を使うのでトラブルが絶えません」

うーん、これは私が理想とする大人像です。大人の粋とHさを備えた男。日本で言えば若い頃の山城新伍かなぁ。「チョメチョメ」(苦笑)
出来ればこちらのドラマ、DVDで全シリーズ発売されて欲しいです。そんなこと思っているのは私だけかもしれませんがねー。

2010.09.07 Aunty Rommy
久しぶりにクアトロポルテを動かして、中目黒でランチをしました。 
実はオイル交換ついでに行っただけなのですがねー。
でもジローラモ氏の奥さんのお店COCCINELLA (コチネッラ)はお休み、Pizzeria e trattoria da ISA は相変わらずの混雑。仕方ないので目黒川沿いでお店探し。
前から気になっていたAunty Rommy (アンティ ロミィ)というカレーとチーズケーキのお店へ行くことにした(目黒川沿いではありませんが)。お店の雰囲気はカレー屋というよりcafeと言った感じ。
cafe de カレー?
男気カレーを望む漢にとっては、この涼しげな絵柄はあり得ないでしょう。

有田カレー
注文したのは、こちらの看板メニュー有田焼カレー(半熟エッグ入り)。 有田焼きの器に入っているので、有田焼+カレーと思うかもしれないが、実は有田(地名)+焼きカレーのことなのだ。
カレーの味は欧風タイプ独特のコクはあまり感じられなかったが、カレーの焼けた部分は香ばしく、尚且つカステラの端を食べる如く味が濃い。
女性がメインターゲットにあると思われるので、食後の重たさは全くなく、“仕事”に使えるなかなか便利なカレーショップです。もう一つの看板メニュー「幸せのチーズケーキ」もチーズの癖がなく女性受けしそうな味でしたしね。
カレー好きには物足りないかもしれませんが、個人的には悪いお店とは思えません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。