上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もしタイムマシンがあったら、いつの時代に行きたいか? と言われれば自分は、1967年に行き、そしてサマー・オフ・ラブを経験してみたい。決してヒッピーになりたい訳ではないですが。
 この「SURREALISTIC PILLOW」は、サマー・オフ・ラブを象徴するアルバムとともに、ジェファーソン・エアプレインの代表作である。 
 全体としてブルースの影響を受けた曲が多く、その中でも「あなただけを」と「恋して行こう」は特にブルース色が強い。 これは当時のサンフランシスコの特徴であり、グレートフル・デッド、カントリー・ジョー&フィッシュなども同じ傾向だった。   
 このアルバムで好きな曲は「おかしな車」と「ホワイト・ラビット」である。特に「ホワイト・ラビット」は、導入部の静かなベースリフから、曲が進むに連れて盛り上って行くところは見事というしかない。 また歌詞はドラックによる幻覚を「不思議の国のアリス」に当てハメたそうで、この歌詞がメロディを更に引き立てているように思える。 
 あと「あなただけを」「ホワイト・ラビット」のメインボーカルであるグレース・スリックの声は、音域は狭そうだが、ヴィブラードのかかった特徴的な声であり私は好きである。
 枕

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/15-f8ae3bad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。