上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分はクルマを運転する時、必ず音楽を聴いています。
幸いカーナビがHDDなので、一度CDを再生したら、自動的に録音してくれます。
だから我が愛車には、かなりのライブラリーがあります。
その中でも最近のお気に入りを紹介したいと思います。

オアシス 「Definitely Maybe」
オアシスのデビュー作。 これでもかと言うくらいのキャッチーなメロディ。私こういうの大好きです。自分の青春時代が詰まったアルバムです。
「Live Forever」と「Supersonic」は勿論大好きですが、「Slide Away」や「Sad Song 」の切なさも捨てがたい。
こいつらもまだカワイイや

ベック 「O De Ley」
ベックの2枚目で最高傑作(と言ってもジェフ・ベックではありません)。 私がリアルタイムで聴いたアルバムで一番好きな作品です。
ブルース、ロック、カントリーと言ったコンテンポラリーな音楽とヒップホップの絶妙な融合が素晴らしいカッコイイ。
ジェフ・ベックではありません

バート・バカラック 「sweet melodies」
偉大なるポップス職人の2枚組みベスト盤。
フィル・スペクターもビックリのウォール・オブ・サウンドと意表をついたリズムが特徴。 私のブラスとストリング好きはバカラックの影響です。
私はこのアルバムとディオンヌ・ワーウィックのベスト盤(ほとんどバカラック作品)があれば爽やかな朝が迎えられます。
まさしくsweet

ブルニエール&カルチエール 「Burnier & Cartier」
全然、期待もしないで購入したブラジルのデュオもの。
しかしながら、聴いたらビックリ! メロウで爽やかな音は、ちょっとバカラックを彷彿させる。
自分がブラジルにハマるきっかけとなった一枚です。
あまり有名な作品ではないですが、一人でも多くの人に聴いてもらいたいと思うアルバムですね。
日向ぼっこに最適

今は自分にとって、この4枚が旬です。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/162-e95b7ef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。