上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.10 虎辞書なる
ケーブルテレビのJ-SPORTSで虎辞書なるという番組が放映されている。
内容としては過去の阪神タイガースの試合を放映するというものである。
ベタなタイトルが素晴らしい。
自分は特別阪神ファンというワケではないが、セリーグでは一番好きなチームである。
と言うかアンチ巨人の受け皿的な存在であったというべきか。

本日放送された試合は1982年7月30日の阪神対巨人である。
阪神は安藤監督の頃で、強くも弱くもない頃でした。
巨人の先発は西本。
嫌いな巨人の中では、好感の持てる選手でした。
何だか一般的な巨人の選手にはない泥臭さが魅力的。
下の写真は掛布との対戦です。掛布も若いです。
西本vs.掛布 若いぞ掛布

あと山本和行や藤田平と言った選手もまだバリバリの現役。
こういった選手を見れるのが嬉しい。
守護神 藤田平

また巨人は藤田監督の頃で、まだ河埜なんかがレギュラーだった。
しかもリリーフは角三男というのが懐かしい。
よくあの変則フォームをマネしました。
下は中畑か? 角でーす

で結局、試合の方は川藤のサヨナラヒットで阪神の勝ちという結果。
ヒットと言ってもボテボテの当たりが川藤らしい。
川藤はアイドル? さようなら

この番組の製作はサンテレビである。きっとタイガースが勝った試合しか放映しないのだろう。
私のリクエストとしては竹之内が見たい。
あの独特のバッティングフォームが大好きだった。
放映してくれるのだろうか!?
Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/169-dbf0ef4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。