上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の軽井沢からクーペが気になって仕方ない。
アルファGT、ブレラ、新型TT、マスタング、VWイオス、ルノー・アヴァンタイム、マセラティ・ギブリ等々。なかなか個性的なラインナップだ。
この中で買って一番満足するのは、VWイオスだろう。
やはり電動ハードトップは魅力的である。
しかもクーペにした時のスタイルがこの手のクーペカブリオレとしては、バランスいい。自分が買ったとしたら、クーペで乗る機会の方が圧倒的に多いから、重要な問題である。
ただし全く色気がないのが最大のウィークポイント。値段も案外高いしなぁ。

他に何かないかなぁとカーセンサーを眺めていたら、ありました。
プジョー406クーペという手が。
すっかり忘れておりました。
このクルマのハイライトは、当然エクステリア・デザインである。
ピニンファリーナ作の流れるようなボディラインはFFのフェラーリと言っても誉めすぎではないだろう。特にボクは斜め後ろから見た406クーペが好きである。
しかも大きく見えないところが実にいい。
写真で見ると大きく感じるが、実際間近で見ると意外とコンパクト。
そういったところが華奢に見える要因なのだろう。
後継車種の407クーペが登場した今でも、全く古く見えないどころか、魅力的に映ります。
407クーペは、私にとって?????なので。

今まであまり真剣に406クーペを見たことがないので、今度じっくりお店にでも見に行くことにします。
勿論冷やかしに行くだけですが。きっと。
coupe406_1.jpg Peugeot_406_COUPE_2003-09.jpg
PEUGE0406c.jpg Peugeot_406_COUPE_2003-18.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/171-85418f4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。