上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
loveだって

今月の特集はビートルズジョージ・フェイムである。
はっきり言って、この雑誌のビートルズ特集は飽きました。
何だかいつも同じようなライターが同じコトを書いているような気がするので。
まぁ久しぶりのビートルズの新譜発売とあっては、特集しないワケにもいかないのだろう。
それでも私は、あまり興味が沸かないのです。(確かビートルズの新譜「LOVE」は今日発売だったはず)

JAZZYな自分としてはジョージ・フェイム特集の方が数倍有難い。
ジョージ・フェイムとの出会いは、アシッド・ジャズブームの時、渋谷のWAVEでプッシュされていたのをキッカケに知りました。
ジョージ・フェイムの弾くオルガンの音は、正しくモッドであった。が、結構地味な曲も多かったので、今日までその時に購入したベスト盤以外は手を出しておりません。
しかしながらレコレ誌によると、ピーター・バラカン氏や、あのエルビス・コステロもジョージ・フェイムがお気に入りだったとか。
しかも最近ジャズにハマリつつある私である。うーん、これは真剣に聴かなければならないな。
幸い、11/22にオリジナルアルバムが再発されるそうだ。
この機会にジョージ・フェイムにハマッてみます。

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/174-fd9c06b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。