上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーがレクサスLS460に決まった。
何だか予想通りというか出来レースの感がありありだ。
もう少し三菱iが善戦すると思ったが・・・・・。

と言うのもレクサスが日本に進出してから一年余り、販売が低迷しているらしい。
そこでレクサスブランドの核であるLSにカー・オブ・ザ・イヤーを取らせて、拡販させたいというトヨタの戦略が見え隠れする。
まぁ安全技術や環境技術は素晴らしいモノがあると思うが、受賞理由の一つである「日本人の持つ繊細な造形技術」が実践出来ているのかとなると疑問である。
私の目からは、未だメルセデスの影響から脱していないデザインに見えます。
トヨタのデザイナーは、Lフィネスと謳って精妙の美を追求したとコメントしていましたが、全体の造形にアイデンティティが見られないだけに、小手先だけでデザインしたように見える。
いわば木を見て森を見ずと言うべきか。
クルマの価値とは人それぞれだから、その評価をデザインだけで語るのは、どうかと思うが、こと高級車に関しては重要なファクターである。
だから今回のレクサスはトヨタの威信をかけてデザインしてくると期待していただけに非常に残念である。

それを日本を代表する高級車として評価する自動車評論家の大先生の姿勢に関しては??としか言いようがない。
恐らく、その罪滅ぼしとしてシトロエンC6の得票が伸びたのだろう。
シトロエンC6が評価されることは非常に嬉しいことだが、万一このような形で評価されたならば、甚だ残念ではあるが。
それでも私のお気に入りの評論家たちが、ほとんどレクサスを1位に推してなかったのが、せめてもの救いである。
これからも、如何なる圧力にも負けず頑張って頂きたい。
(カー・オブ・ザ・イヤーの得票結果はこちら

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/176-ddb60c01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。