上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月に入り、いきなり某ハウスメーカーの忘年会。
営業マンはつらいよ。
それを適当にこなし、帰宅しようとしたら、携帯電話にメールが。
「久しぶり!店を移動したので飲みに来て?」
メールの送り主はキャバ嬢である。
そのキャバ嬢とは、一年前取引先の営業マンに連れて行かれたキャバクラで知り合った子である。(因みにキャバクラは好きではない。女の子と話すだけで、高い金を取られるので)
しかし、どういう訳かメルアドを交換したらしく、そのキャバ嬢は一方的に営業メールを送ってくる。
私も無視し続ければいいのに、時たま返信していたのである。
決してキャバクラに行くことはなかったが。

で、今日久しぶりにメールをもらい、時間も早かったので、そのお店に行くことにした。
1年間もメールし続けたキャバ嬢に敬意を払う意味でも。
男って馬鹿である。

暫くしてお店に到着。 
入店してみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・先程の某ハウスメーカー幹部が全員いたのである!
忘年会をした場所とは離れていたにも拘わらず。
当然、私は幹部たちに見つかり、合流するハメに。
しかも指名した後だったので、余計バツが悪い。
その後は針のムシロ状態。
「さすらいさんの会社は儲かっているから豪遊かぁ?」
「若いとモテルねー」等々皮肉タップリ。

とどめは幹部の一人に「君のところだけは、別会計だから」と耳元で囁かれた。
そんなの分かっている。意地でも奢ってもらわない。
しかしながら会計は1時間半いて、21,500円也。
当然領収書を切れないので、自腹である。
高い授業料だった。
自業自得であるから仕方ないが。

でも最後に言わせて欲しい。
そのキャバ嬢と知り合ったキッカケは、あなた達の部下のお陰です。
(因みに私の実家はこのハウスメーカーで建てました)

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/182-70c77bd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。