上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は、ブログ仲間であるtomyさんメディチさんと牡蠣を求め、松島を訪れた。
今回は少しでも交通費を浮かせるため、tomyさんのA6一台で行くことに。
中・長距離の移動には、A4より大きなA6の方が楽である。
実際、A6での道中は快適そのものであった。
広々とした室内に、ターボを感じさせない滑らかな加速。 まさしくロングツアラーである。
おっと、忘れてはいけない。tomyさんの運転も滑らかでしたね。 もっとマンセルLIKEな運転かと思っていました(笑)

昼過ぎには松島に到着。
メディチさんとは20時くらいに現地で待ち合わせなので、tomyさんと2人で観光をすることに。
周りはジジ・ババもしくはカップルばかり。 私達は少々浮き気味である。
そんな中でもtomy山紀信さんは、パシャパシャ激写しておりました。
いつも優しいそうな表情の先生も、被写体を前にすると、獲物を狙うか如き鋭い眼光に。
さすがの私もその時ばかりは、声が掛けられませんでした。

あー、松島や・・・・・・・・・ tomy山紀信氏

まぁ私も適当に愛機SO902iで松島を撮りました。 
なかなかのセンスでしょ? (本当に写真を見たい方はtomyさんのブログへ)

松島じゃー!! 松島?

そんなこんなで時間を潰していたら、あっという間に暗くなってしまった。 北の地の夜は早い。
それと同時に私の咽は潤いを欲し始めていた。
特にレッズが優勝した日である。
美味しいお酒が飲めそうだ。

と言うことでtomyさんと一足早い夕食を取ることに。
私達は、宿まで無料送迎してくれるとの理由で、お魚プロジェクトというお店を選んだ。
やはり寒い中、歩きたくないので。
このお店、肝心の料理も充分満足がいくものだった。
特に刺身は新鮮そのもの。
それを肴に浦霞で一杯。 松島サイコー!である。
まだ到着していないメディチさんには内緒だったが、明日食べまくる予定の牡蠣もフライング承知で注文。
その味はジューシーで美味いとしか言いようがない。 明日が楽しみである。

その後メディチさんから宿に到着したとの連絡を受け、宿で宴会をすることに。
私はレッズ優勝の嬉しさから、ハイペースで呑み続けた。
皆さんもいつも以上に雄弁に。
他愛もないボーイズトークは1時まで続いた。。。。。。。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/184-073c3886
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。