上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.31 特効薬 その2
私の場合、イタリアとくれば、次はイギリスである。
ただ現在の英車事情はお寒い限り。
必然と選択肢が狭められてしまう。
スウィンギング・ロンドンよろしくな60年代の英車はオースチン、ライレー、ウーズレー、MG、ローバー、トライアンフ、ヒルマン、ハンバー等々輝いていた。
そんな、かつての栄光を味わえる車がローバー75である。
正確に言えば、この車も過去の遺物であるが・・・・・・・。
それでもエクステリアはローバーP4P5P6等の伝統を受け継いだと思われる上品なスタイル。
いかにもイギリス中産階級が好みそうな控えめでありながら、趣味の良いデザインである。
インテリアは外観以上にイギリス度が高い。
シートは勿論本皮であるが、濃い目の色を使っているせいか、ちょっとモダンである。
メーターはアンティーク時計の文字盤のようで自動車の計器には見えない。
こうなると走りなんて、どうでも良くなってしまう。
走りより、のんびりピクニックへ行きたくなるクルマか!?
勿論、音楽はブリティッシュ・ビート(出来ればキンクス)で、飲み物は紅茶。
こんなクルマ生活も悪くないかな?
0000002242_R000098630.jpg zoom_0000002242_R000098995.jpg

あと少々走りを追求するならジャガーSタイプなんて言うのもイイと思う。
おそらく次期Sタイプは、モダンな形で登場してくると思われるから、伝統的な英国スタイルを追及するなら現行型しかないでしょう。
選ぶなら完成度が高い後期型ですね。
しかもここに来て中古価格もお買い得となってきた。
刺激がないかもしれないけど、ちょっと興味がある。
やはりジャガーには一度乗ってみたいし。
c23743a.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/208-d938e999
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。