上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日観た映画です。
自分の世代にとってバブルは、あまり縁のない存在。
ちょうど高校生くらいでしたね。
その後、受験・就職戦争を経て、社会に出たときはバブルが崩壊してどん底状態。
団塊ジュニア(第二次ベビーブーム世代)は不遇な世代なのです。
バブル恨めしや。

で、観た感想は?と言うと意外と面白かった。
はっきり言って、フジテレビが絡んでいる映画って、嫌いなのですがね。
だってテレビドラマ程度のモノを宣伝力でヒットさせちゃうズルさ。こいうの大嫌いです。
それでも楽しめたのは、ホイチョイプロのおかげでしょうね。
あの独特な緩さや能天気さが好きです。まさしくこの能天気さこそホイチョイプロの武器であり、バブル期に受けた理由である。
そのホイチョイプロがバブルを描くとは、何とも自己言及的で面白い。
だからバブルを否定していないのがミソである。
うまいトコロ突いています。
但しバブル期を謳歌した諸先輩方がこの映画を観て、どう受け取るかは分かりませんが。
まぁバブルならではのゴージャスなエピソードは大げさだと思うが、ビール片手に観る分には充分楽しめると思う。

それにしても劇中流れてくるC+Cミュージック・ファクトリー「エヴリバディ・ダンス・ナウ! 」は懐かしかった。
よくFMで流れていたなぁ。
mhcp1283.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/225-8239fc7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。