上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 自分の場合、クルマの中で聴く音楽って、部屋で聴く場合と微妙に違います。クルマの中では圧倒的にボサノヴァ・ソフトロック・ジャズなどリラックス出来る音楽が多いです。ハードなモノを聴くと運転が荒くなるので・・・・。
 そんな自分にピッタシのコンピレーションアルバムがあります。あのサバービアの橋本徹氏が選曲をした「カフェ・アプレミディ」シリーズです。このシリーズは橋本氏がオーナーであるカフェ「アプレミディ」で実際BGMとして流している音楽を監修したもので、“午後のコーヒー的なシアワセ”をコンセプトにして選曲されています。私も時々渋谷にあるカフェ「アプレミディ」へ行きますが、温かみのある木の床や程良くヤレたアンティーク家具が何とも言えない柔らかい雰囲気を演出してくれ、渋谷の雑踏にいることを忘れさせてくれます。但し夜や休日は混んでいるので、ゆっくりするのなら平日の午後に行くことをお薦めします。
 この「カフェ・アプレミディ」シリーズは、ソフトロック・ボサノヴァ・ジャズ・ネオアコ・サントラなどジャンルは様々であるが、とにかく(イイ意味で)耳障りの良い音楽ばかり選曲されているので、ドライブミュージックにはもってこいです。因みに自分は通勤でもクルマを使っていますが、これを聴いていれば渋滞にハマってもイライラしません。
 また橋本氏は「フリー・ソウル」シリーズというソウル中心のコンピレーションも監修しており、こちらもお薦め。このシリーズの面白いところは、ジェーン・バーキンやキンクス、アル・クーパーなどソウルとは縁遠いアーティストの曲でも、ソウル的なアプローチを感じられれば選曲されるところ。それ故ソウルが苦手な人でも全然聴けます。
 興味がある方は是非聴いて下さい。
カフェ・アプレミディ フリーソウル

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/29-f1ae2f27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。