上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像 1205
昨年末から007のDVDを買い集めています。
最近のDVDはメイキングやインタビュー映像等、いろいろ特典が付いていてお得です。
その中でもこのアルティメット・エディションには日本語吹替版が収録しているのが嬉しい。
と言うのも私がガキの頃、映画を観ると媒介といえばテレビしかありませんでした。よって映画=日本語吹替えだったのです。
とりわけ007に関しては、俳優のイメージと声優の声質が見事にマッチしているので、字幕スーパーより吹替版の方が印象は強いです。 因みにコネリーの声優は、低音ボイスな若山弦蔵で、ムーアの方は軽い二枚目、広川太一郎という布陣で、それぞれの役者の特徴を踏まえたナイスなチョイスだと思います。
特に広川太一郎の場合、「MR.B00!」や「モンティパイソン」のイメージが強く、駄洒落や「いいんでないかい」「・・・・・・しちゃったりなんかして」等のアドリブを連発していそうですが、007では立派な二枚目を演じています。
ただ、何処となく軽いところがやはり広川流なのでしょう。

今のところ007のDVDを7枚購入しましたが、残念ながら業務多忙な為、2枚しか封を開けていません。
今日もこれから夜まで仕事、明日も・・・・・・・・・・・・・・・決して“仕事”ではありません。
QPに乗るのは愚か、DVDすら見れない日々。 全く潤いのない今日この頃なのです。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/404-4e319eb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。