上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーグラフィック誌が出版元の二玄社から独立し、新体制で発行されることになった。 独立とは聞こえが良いが、実態は二玄社が自動車雑誌部門から撤退することらしい。
二玄社はそもそも書道などの美術書を出版している会社であり、自動車雑誌は後発事業であった。しかしながら遅れて興したカーグラフィックやNAVIなどの自動車雑誌部門が売り上げの大部分を占めていたのは、間違いない事実だと思う。
それなのになぜ撤退か?
そんなこと聞くまでも、ないだろう。活字離れ、自動車離れ、ネット情報の充実など自動車雑誌にとっては逆風ばかりである。おまけに長期レポート車の購入や取材費など経費がかさむのだろう。
しかも、コアな自動車マニアすら満足させられないのが実情である。どの雑誌も困ったらドイツ車特集。CG誌より創刊が古い某誌なんてドイツの5ブランドを毎月代わる代わる特集しているだけ。BMWやポルシェが良いクルマなのは、誰でも分かっているよ。
とどめはライター陣のクオリティー不足。読んでいてもメーカーの広報みたいなコメントが多過ぎる。メーカーからの広告収入を維持する為とは言え、とてもお金を払って読みたいとは思わない。 自称クルマ好きを公言する私であっても、最近ではほとんど自動車雑誌は買いません。
昔はNAVI、CG、カー&ドライバー誌なんかは、毎回発売日が待ち遠しく、端から端まで読み漁ったのにね。
特にこういった特集を組まれると(笑)
スーパーCG28 スーパーCG QP
スペチアーレなカーグラフィックである。

おまけはこちら。
カーマガジン310
カーマガジン310 中身
こんな雑誌が毎月出版されていたらなぁー。 



Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/553-a5acefdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。