上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武ドーム 2010 05
昨日は、西武ドームで埼玉西武vs讀賣を観戦しました。
それにしても讀賣は強い。7・8・9番の下位打線に高橋(由)、イ・スンヨプ、亀井ですからね。他チームだったら立派なクリンナップです。 それに加え昨日は坂本の守備にやられました。ピンチでことごとくファインプレイされました。彼はホント良い選手になりましたねー。
でも日本シリーズでは負けませんよ。 讀賣には負ける気しませんから(笑)

あと球場のアナウンスで知ったのですが、今年のライオンズ・クラシックは太平洋クラブライオンズをフューチャーするらしい。太平洋クラブ・ライオンズと言われても、当然私にとってリアルタイムではありませんが、その暗黒な歴史は本などで知っております。弱くて貧乏で不人気・・・・・・こんな時期のチームをフューチャーするなんて、堤オーナーの時期には絶対あり得ませんでした。彼は栄光の西鉄ライオンズですら認めていませんでしたからね。 
僕的には、そんな混沌とした太平洋クラブライオンズが、徒花的な輝きを放っているようで魅力的に感じます。
特にこのユニフォームは!!
太平洋ユニフォーム
その色使いと言い、アメフトユニフォームの如く胸元に入った大きな背番号と言い、70年代テイスト全開。しかも右袖にいるライオンの表情がカワイイ。これでは弱い訳だよなぁ(苦笑) こんな緩いところも魅力的です。

それだけに今年のライオンズ・クラシックは期待大であります。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/555-22083c81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。