上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家づくりにおいて予算さえ合えば、やはりMade In Italyには拘りたい。
しかしながらクルマと違って中古という訳がいきませんので、かなりハードルが高いです。

まずはキッチンですがユーロモビル、ミノッティクチーネ、アストラ、キィ辺りが有名です。

特にユーロモビルはモダンなデザインでバリエーションも多いから日本の家でもマッチするものがあります。
ユーロモビル

しかし予想していたとは言え値段を聞いて検討するまでもありませんでした。我が家はキッチンを建てる訳ではありませんので(苦笑)

結局、選んだキッチンは日本の某製品です。大体予想がつくかとは思いますが。

その他ソファなんかもアルフレックス、B&B、ミノッティ、カッシーナ等ありますが、土地&住宅をローンで購入する身には難しい状況です。

そんな中、ささやかですが選んだものがあります。
FUCSIA
フロスのFUCSIA、イタリアの巨匠アッキーレ・カステリオーニによるデザインのライトです。
点灯した時に笠の下部に縁取られた白い輪が浮き上がるようになるのが特徴的で、お店等のディスプレイでも見かける有名な照明ですね。
我が家ではダイニングテーブルに2・3個付ける予定です。

他の照明にも拘りたいところですが、我が家は基本的にダウンライトを多用しているので、設置する場所がないのです。
著名な建築家である宮脇檀氏曰く「照明自身は目立ってはいけない、特に昼間は何の役目を果たさない訳だから、存在感を消すべき」との持論がありました。 建築家からして見れば照明すら、空間を邪魔する無駄な線や点でありますからね。
私も全く同じ考えなので、ダイニングと和室以外はダウンライトにした訳です。


他にもイタものをチョイスしましたが、それはまたの機会に紹介します。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/618-d10260ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。