上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.27 床材選び
我が家が住友林業を選んだ理由の一つは床材の選択肢が多かったことです。
恐らくスミリンを選んだ方々の大半は同じ理由であると思います。
温かみがある無垢の床で生活してみたかったのです。

床材を選び始めた当初はオイルチークの色あいに魅せられておりましたが、我が家の2階にあるLDKは床暖房採用が最優先であったので、当然床暖房対応の床材にせざるを得ません。
オイルチーク無垢

そこで床暖対応のオイルチーク挽板を採用している神奈川県西部のO展示場へ行くことに。
小田原展示場
挽板と言われても単独で見る限り悪くありません。
しかもこの挽板はうづくり仕上げとなっており、無垢とは違った味わいがあります。
これでも良いかなかぁと思いましたが、展示場にあるサンプル同士を見たり触ったり比べてしまうと、やはり無垢板に軍配が上がります。

ということで、オイルチークを諦め、他の床暖房対応の無垢板を選ばなけらばなりません。
そこで候補にあがったのがクリアウォルナットであります。
ナチュラルな塗装を使用していることもあり、程良い重厚感が素敵です。
これで決定かと思いましたが、LDKと廊下に敷き詰めた見積もりは驚きの金額でありました。
しかも、この頃は丁度仕分け作業中でありましたので、あえなく断念することに。

次の候補はクリアウォルナットに何となく似ているスモークオークであります。
スモークオーク展示場
何よりも標準仕様なのでお財布に優しいのが有難いです。(標準仕様であっても床暖房対応は結構高くなってしまいます)
濃淡があることから、家具選びに困らない利点もありますが、好みが分かれるのが玉に瑕(きず)。
因みに妻は気に入っておらず、ビーチやメイプルにしたいとの意向があったようですが、私が押し切りメインの床材に決定しました。
しかしながら直射日光に当たると濃い部分の色が抜けて、独特の味わい落ちてしまうらしいので遮光の処置が必要であります。

上記の通り2階は決定しましたが、1階は別な床を希望しています。床材を入れる場所は寝室と(仮)子供部屋です。まず(仮)子供部屋は妻の意向を聞いてメイプル(突板)で難なく決定。無垢材は不必要と判断しました。

そして寝室ならびにその周辺の廊下はLDKで断念した無垢のオイルチークにしようかと思いました。
しかし寝室にオイルチークは何だかしっくりしません。寝室にはオイルチークより濃い目の色が落ち着くような気がしましたので。
そこでサンプルから選んだのは、全く人気がない欅(ケヤキ)の無垢床材です。
檜無垢
落ち着いた色味ですが、赤味がかった色とはっきりとした木目が地味ながら自己主張をしています。
実際、貼ってある部屋を見た訳ではないのですが、直感で決めてしまいました。

直感で決めて失敗は意外とありませんので・・・・・・・・えっー!(ない?)




Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/626-e3003441
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。