上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事でイタリア製キッチンは諦めたことを書きましたが、それでも家づくりの中では拘りたい部分であります。
本来ならば奥さんに決定権がある箇所なのですが、何故か我が家は私が選ぶことになっています。嬉しくも悲しいことではありますが・・・・・・。
それならば好き放題選んでやると思い選んだのがトーヨーキッチンCOREです。
トーヨーキッチンCOREだよ
うちのは「ガスコンロ考」で書いたようにグリル付きのガスコンロなので、写真とは若干デザインが違い、庶民的な仕様です。

我が家のCOREパース
パースだと貧相に見えますが、実際はどうなのでしょうか? 完成してからのお楽しみです。

トーヨーキッチンには他に様々なシリーズがありますが、うちはコンロの問題があり、BAYかCOREの2択でありました。
そうした中でCOREをチョイスしたのはドアハンドルがメタルを削り出したデザインである点や天板の淵がエッジの効いた処理がされているなど男心を擽るディテールが見受けられるからであります。
女性にはどうでも良い機能だと思います(苦笑)

水栓はスイスのARWA社製を選びました。
ARWA水栓1
ARWAと言えばUSAGIが有名ですが、ここは敢えてシンプルなのモノにしました。光沢のないメッキが渋いです。

キッチン全体のカラーはメタルファイバー。アルミ素材にガーゼのような布目模様を施したのが特徴であります。
メタルファイバー
布目模様に汚れが入り込みそうで危険ではありますが、ビジュアルだけで選びました。

単身赴任で料理の腕は少し上がったこともあるので、単なるオブジェとならぬよう使い込んでいく予定です。

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/640-61f7ec3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。