上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名匠ヒッチコック作の「北北西に進路を取れ」は私が昔の名作映画に興味を持つきっかけとなった映画であります。
今でも忘れない1986年、高島忠夫が解説をしていた土曜ゴールデン洋画劇場で見たのが最初です。ちょうど主演のケーリー・グラントが亡くなり追悼で放映された時でありました。
内容はヒッチコック特有の巻き込まれサスペンスであり、彼のテクニックの集大成的な作品でありました。

色々なシーンが秀抜でしたが、その中でも有名なラシュモア山麓に建っている敵の別荘が印象的でした。
北北西に進路を取れ別荘
斜面に張り出した立地に石を多用した重厚感のある外観、何かに似ていないと思いませんか?

落水荘
そうなんです。フランク・ロイド・ライトの代表作「落水荘」の影響下にあった建物なのです。素人が見ても明らかですね。

残念ながら映画の建物はセットなので現存しません。しかしながら20世紀のモダニズムを体現した良き建物であったと思います。
こんなことを書きましたが、今建てている我が家は全くロイドの影響を受けていません。
あの敷地ではどう考えても再現できないので当然ですが。

そうは言うものの、いつの日か、どこぞかの別荘地にロイド風を建てるのが夢です。
まだ1軒目も完成していないのに無謀な夢ですが・・・・・・。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/645-c52983b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。