上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語版

お気に入りの本です。
ニール・バインカムとアンドリュー・ウィーヴィングという人が執筆した洋書の日本語版。
「10年ごとに見るデザイン史」「モダン・レトロ・スタイルを構成するもの」「モダン・レトロ・スタイルを作る」という3部構成。

写真が多く、見ているだけでも面白いし、インテリアの勉強にもなる本です。
イームズ、ネルソン、ヤコブセン、パントン、サーリネンなどがデザインした家具がいくつも掲載されているし。
しかも、これ見よがしではなく、自然な形で配置されているのが好ましい。
自分の部屋作りの参考になります。

下の写真左はフィリップ・ジョンソンという建築家が設計した自邸のリビング。
ガラス壁面が開放的な空間を作り出していますねー(by渡辺篤史)。
こんな家に住みたい。

写真右は曲線を多用したいかにも60年代という趣のインテリア。
色使いが渋くてイイ感じ。

20060701221907.jpg 20060701221952.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/65-2eb2932c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。