上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイニング全景20130608
我が家のダイニングはキッチンの真横であります。
ダイニングテーブルはトーヨーキッチンCOREの真横にくっ付けます。
但し、キッチン本体の奥行きは750mmなのだが、カウンターは奥行き900mmなのでテーブルのサイズをどちらに合わせるか悩ましいところです。

因みにLDKの床材は床暖房対応の無垢スモークオークです。
スモークオーク20130608
紫外線の影響で色抜けが激しいが故に、最近ではあまり人気がない床材です。
私はこのランダム感が大好きですが、嫁は嫌いみたいです。
但し、色抜けが改良されたことでデメリットは少なくなったそうです。
我が家のインプレッションで万一色落ちしたら文句の記事を書きます。

あと2階の床材はこちらに統一されているので、何となく燻された香りが漂います。
正しくチャールズ・ブロンソン的な大人の世界であります。
スモークオークは絶対お薦めな床材だと思いますがねー。

クレスト収納20130608
壁側にあるのは住友林業クレストのチェスターフィットであります。
ご覧の通り、取っ手がなくスッキリとしたデザインは私好みで、突板の質感もなかなかです。
住友林業クレスト製品の質感は数ある建材メーカーの中でも随一であると思います。
因みに右側のスペースにはウォーターサーバーを設置します。
我が家はウォーターワンというブランドと契約をしています。

FLOS20130608
ダイニングテーブルの上にはイタリアのFLOSFucsiaが設置されていました。
我が家のライティングは基本的に主張しないことがテーマでありますのでダウンライトが中心です。
しかしながらダイニングと和室のみペンダントライトを採用しました。
ダイニングは料理を、和室は低いポジションを照らす必要がありましたので、ダウンライトにしなかったのです。

ハウスメーカーから照明については、あまり提案がなかったので、自分のセンスに頼らざるを得なかったのはツラいですがね。


Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/672-c5cfdccc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。