上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分がたまにお邪魔をしているブログ「B.O.O」のマイビューさんがサイモン&ガーフンクルの「59番街の橋」が好きなことを知ったので、フリー・デザインのこのアルバムを今日久しぶりに聴いてみました。
久しくソフトロックを聴いていないこともあったので。
因みにマイビューさんは中学生の時、アート・ガーファンクルの嫁になりたいと思った程、ガーファンクルが大好きだったとのこと。(その記事はこちらこちら

この「KITES ARE FUN」というアルバムはフリー・デザインのデビューアルバムである。
その割にはオリジナル曲が多い。
カバーはS&Gの「59番街の橋」、ビートルズの「ミッシェル」、映画「男と女」のテーマの3曲のみ。
「59番街の橋」はスローテンポでマッタリした雰囲気。コーラスワークはさすがに素晴らしい。

一番お気に入りの曲は「プロパー・オーナメンツ」
ストリングや管楽器・弦楽器などを取り入れた美しい曲である。「Ba ba ba ba・・・・・」というコーラスはソフトロックのお約束ゴトだが、見事にハモっているのが嬉しい。いかにもソフトロックという曲ですね。
あとアルバムのタイトル曲である「カイツ・アー・ファン」も透き通った歌声で印象的な曲。リコーダーがいいアクセントになっています。

全体的にどことなくクールで大人っぽい感じがするので、セルジオ・メンデスなどのA&M系のサウンドに近い気がする。
その涼しげな音は、今の季節に聴くのがピッタリかもしれません。

ジャケ買いしそう
Secret

TrackBackURL
→http://jack72.blog61.fc2.com/tb.php/92-4b84fb44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。